山登りの最近のブログ記事

一石三鳥の日

| コメント(6)

暖かい日が続き順番に咲く花がみんな一緒に咲いた。
車で走れば桜が満開、他にもいろいろな花が咲いています。
こんな日に一日草取りしていてもなぁ、と出かけることにした。
ドライブするだけで楽しいので山はついで、どの山でもいい。

30401.jpg30401-1.jpg30401-2.jpg大子町へ向かって走り出しましたが途中で変更、花瓶山へ行ってみることにしました。
歩き出してすぐ急な尾根にイワウチワが咲いていた。早い!!
イワウチワの咲くところはいろいろありますが今回はいっぱい咲いているのに当たりました。

30401-3.jpg花が終わってもまだ急な登りが続く。途中で可愛いキノコを見つけました。

30401-4.jpg1.1キロで一つ目の山に着きました。けっこうきつい・・・
目指す花瓶山はここから3.3キロ。カタクリの群生地の看板を見る。


30401-5.jpg
展望のない林の中の尾根歩き、登ったと思えば急降下、そしてまた登る・・・
アップダウンり繰り返し、カタクリはまだかいな、と少々飽きるころようやくカタクリが
現れた。花はまだ咲き始めて数は少ないけれど確かに群生地、たくさんありました。

30401-6.jpgまだまだ山頂は先、と思っていたのに突然山頂!! こういうのは嬉しい。
歩き出しからちょうど2時間でした。
那須の山の2時間と比べるとものすごく長い距離に感じます。
展望がなくずーと同じような林の中のアップダウンが続くからでしょう。

30401-7.jpg一周できるコースですがまた大変でも同じ道を戻り、アップダウンを繰り返す。
同じ花でも登る時とは違ったゆとりをもって眺められました。
日も差し込んで花もちょっと上向きに。

30401-8.png今日は9.9キロ歩きました~。
ドライブで桜を楽しみ、ついでに山歩きをして、さらにたくさんの花を見ることができて
楽しむことができました。一石四鳥かな。

今日の我が家

30401-10.jpg
寒いほどではありませんが床暖を消したので朝ちょっとだけストーブをつけた。
メイは早速ストーブの前に陣取ってぬくぬく。歩くのに邪魔。

30401-11.jpg桜も綺麗ですが我が家では今はヒメコブシ、今年は花が多い。

30401-9.jpg

夕方、台所の小窓からタヌキのエサのお皿を眺める。今夜はパンにするかな。
お皿の隣の土が盛り上がっている。あれ?? と見に行った。
タケノコだ。今年はほんとに早い。あれは細くて固いかも・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

花が咲く

| コメント(5)

いつも行く隣の県の里山、最近は平日も駐車場には車が多いような気がします。
地元の人は手ぶらで、私が駐車場に着くころにはもう下山してきます。
今日は土曜日の晴、きっとにぎやかかもと思いながら出かけました。
簡単に一往復、と思ってもお昼を背負って出かけます。
気分が良くてたくさん歩きたいとおもうこともあるだろうと期待をこめて。

今日はきつい2コースを登りに使おうと気合を入れる。
登って、降りて、3コース目を登っている時にいつも一緒に山歩きしている仲間とばったり。
彼女は登って、2コース目を降りているところ。
お弁当持っているし、あわてて帰ることもないので今登ってきたところを彼女と一緒に
また下山。そしてまた登り返してくる。
彼女が歩いたことのないコースをちょっと歩きたいというのでさらに寄り道。

30327-2.png
そんなわけで今日はいつもより1時間ほど余計に歩いたかも。
明日は天気が悪いというので今日は山遊びができて良かった。

30327.jpg30327-1.jpg帰り道、白河の関跡に寄ってカタクリの咲き具合を見る。
今日も山の中にポツポツと日当たりの良い所でカタクリが咲き始めていました。
4月にはいるとあちこちで花の便り、気があせりそう。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

初めての山・鴫内山へ

| コメント(2)

あまり登山者がいない山のよう。人気のない山は静かですが静かには静かの理由がある。
友人が行ってみたいというので3人で出かけた。
林の中をジグザグに登って最後にきつい登りがありそうよ、多分何にもなくて見晴らしも
期待できないかもね、と言いながら・・・

30324.jpg息子が登山口を知っているというので先日出かけたついでに下見をしてきた。
迷うことなく登山口について標識を見てびっくり!!

えっ、3時間?!! 3本槍より大変じゃん。

2時間くらいかと思っていたので気合が足りません・・・

30324-1.jpg500mおきにこの標識がある。
もう半分きましたがまだ1時間。あと半分・・・
林の中のジグザクを登ったり、まっすぐにのびる急な道をロープにつかまりながら
登ったり、でも道は石や木の根があったり段差がきつかたりはなくてとても
歩きやすい道でした。

30324-3.jpg30324-4.jpg時々ロープがあるけど尾根歩きは快適、遠くに白い山々が見えました。

30324-5.jpg笹が地面にへばりついている。まだ雪が消えたばかりなんだね、と言っているうちに
残雪が見え始めました。
雪の上を歩くのは辛いけど残雪を見ながら歩くのは楽しい。
あと500m、目をつぶっていても着いちゃう、なんて急に元気になりました。
でも山の500mは長い・・・


30324-6.jpg
着きました~。あれ? 2時間かからなかったよ。
歩きが早いわけではありませんが休憩があまりないのです。
2回くらい息を整て水分補給だけです。あまり休憩すると休み癖がついてすぐ
休みたくなるのです。ちょっとゆっくり休憩するとすぐ10分や15分すぎる。
3回休憩したら45分になります。

30324-7.jpgパラが飛ぶところへ寄ってみる。
風をみながらここから飛び降りる。気持ちいいだろうなぁ~!!

30324-8.jpgミツマタの花を見て今日の山歩きは終わりました。
家に帰ったらまだ2時半。天気が良くてもったいないけれど今日は温泉!!!




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

軽めの散策

| コメント(0)

那須の雪の上をちょっと歩きたかったけれど昨日に続き今日も風が強いらしい。
風の強い時は里山、近くに里山があると助かります。

30318.jpg30318-1.jpg日当たりの良い所にショウジョウバカマとカタクリが咲いていました。
今年初めて見る花です。これからあちこちで花が咲き楽しみです。

30318-2.jpgたくさん増えて目を楽しませてくれたフクジュソウも伸びてかわいらしさがなくなってきた。

風のあたらないところでのんびりコーヒータイム。
日差しは暖かく、腰をおろしてのんびりするのは至福の時間。

30318-3.jpg30318-4.jpg今日は初めてのコースを下山してみる。
神社がありその近くに看板がありました。なるほど~、これが池か・・・と思うような
葦のようなものに覆われて少し水たまりが見えた。
この看板を読んだのでもう少し池らしく綺麗だったらなぁと思う。
下山してから車道歩きが長くなったので時間の割には歩数が多くなりました。

30318-5.jpg下山してちょうど11時半、たまにはと外食。
お蕎麦とセットになっているけれど多いので単品で注文、これでちょうどいい。
でもご飯が下の方に隠れていてなかなか出てこない・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

早春の花

| コメント(2)

例年3月になると茨城県大子町の山に行く。
つい見過ごしてしまう小さくて目立たない黄色の花が楽しみ、苦しい登りで見上げたり
振り返ったりと小さい花に助けられます。
今回は大子町ですが違う山に行きました。

30314.jpg30314-1.jpg30314-2.jpgこの小さい花、サンシュユかと思っていました。でも今日の山にはたくさん咲いていて
その咲き方を見てダンコウバイではないかと思いました。
こんなにたくさん咲いているいる山は今までにありませんでした。
よそ見すると危ない山、立ち止まって眺めます。

30314-8.jpg
シュンランも落ち葉に隠れてひっそり咲いていました。
見つけると嬉しいものです。

30314-4.jpg昨年秋、鷹取岩を目の前にして引き返したので今日は再チャレンジです。
奥久慈男体山までは日曜日とあってにぎやかでした。
鷹取岩を目指すコースにはいるとひっそり、貸し切り状態になりました。

30314-3.jpg怖いもの見たさで下山口をのぞき込む。背筋がゾクッ!!
ここまでくればもう近い、と思ったのに疲れが出てきたのかなかなか目的地には
着きません。

30314-5.jpg着きました~!!! だれもいません。誰に遠慮も要りません。
大声で笑って楽しかった。でもきつかったね。昨日の雨で落ち葉も岩も濡れ気味、
あっちにつかまりこっちにしがみつき、と大変でした。

30314-6.png5時間半かかりました。その割には歩数が少ないのは岩場などで悪戦苦闘した証拠かも。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

カテゴリ

2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30