山登りの最近のブログ記事

のんびり散策

| コメント(0)

軽く歩いて午前中に帰る予定で9時に待ち合わせ、登山口に着いたらもう車がいっぱい。
スマホの予報では12時ころ2度、こんな寒い日に日曜日でもないのにね。
車がいっぱいといってもいつもは2,3台、それに比べて多いというだけで山は静かでした。

30118.jpg珍しく山頂は風もなく穏やか、那須の山も見えます。
せっかく登ったのだからと遠くの山々を眺めながら甘いもの食べてお茶にしました~。

30118-1.pngほど良い散策、これだけ歩けば午後はゴロゴロしていてもいい、と思う。
帰り道では真っ青な空に真っ白な那須の山がきれいに見えた。
お日様も出て暖かそう・・・そんなものです。

30118-2.jpg集合場所に着いたら「ラーメン」の旗がヒラヒラ・・・
ラーメン食べることは滅多にないなぁ、と時計をみればもうちょっとでお昼。
ヒラヒラする旗に誘われて店内へ、先客は一人。食べたのはラーメンではなかった・・・

30118-3.jpg家に帰ればノラちゃんがエサを出すまでうるさくなく。

家に入るとコタツから動けなくなるので玄関先で長靴に履き替えて外で働く!!
日も延びた、5時でも明るい。これからもっと日が延びるのでうれしい。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

天気予報はずれた

| コメント(2)

今日は那須の山に登れそうだ、と支度をして出る。
通りに出ると真っ白な山が見えて、ラッキー!! とほほ笑む。

30116.jpg30116-1.jpg駐車場に着いて身支度、これがまた大変で、出かける前に疲れてしまうね、とこぼす。
簡単なアイゼン使用、ゴムで履くだけ、と簡単なはずですがきつくて靴を履いてからでは
装着できない・・・靴にアイゼンを履かせてから靴を履くことにしました。
下を向くと厚着とお腹が邪魔してこれまた苦しい。

30116-2.jpg歩き始めて1時間半、峰の茶屋の避難小屋に着きました。汗びっしょりかきました。
避難小屋の手前から雲行きがあやしくなってきていた。
避難小屋でコーヒー飲んで下山することに。
青空と展望がないと歩いていても楽しくありません。頂上はこの次に・・・

30116-3.jpg下の方は穏やか、でも引き返してよかった。車に着くころは雪が降りだしました。
下界は晴れているけれどこうやって山には雪が積もっていくのか、と感心。

雪道歩いて運動したからと午後はコタツでのんびりです。

30115.jpg30115-1.jpg山から採ってきたコウヤボウキ、まだホウキにならない。
買ってきた花よりいいなぁ、と満足。もうししばらくこのままで・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

朝から晩まで

| コメント(0)

天気が良くて暖かい予報、朝8時に家を出て山歩きに出かけました。
那須から南下したのでさらに暖かでした。
宇都宮アルプスには山が7つあります。ずーーーと前に一度全部歩いたことがありますが
後半の山はあまりぱっとしないし全部歩くと歩き出しの車の所へ戻るのが大変。
ということでもっぱら最初の4座だけを歩いていました。
今回はいつも一緒に山歩きしている人の希望で後半の3つの山を歩くことにしました。

30114.jpg30114-1.jpg目的の山に行く前に手ぶらで1時間、岩っぽい山を一周して景色を楽しみました。
男抱山の後ろに見えるのが宇都宮アルプスの山々です。

30114-2.jpg移動して一つ目の山に到着しました。

30114-3.jpg急な登りでたどり着いた高館山、山頂は広くて日当たりも良くちょうどお昼です。
誰もいない静かな山は我々でにぎやか。

30114-4.jpg30114-5.jpg帰り道、兜山に登る。多分初めて見るほどのものすごい大岩を見上げました。

30114-6.jpg3山の予定でしたがすぐ近くにもう一つ山があった。とどめのきつい登り!!でした。

30114-7.jpg4山歩き終わって車に戻りました。3山が見えました。

30114-8.jpg30114-9.pngお疲れさま~。けっこう歩きました。
那須から南下するとコウヤボウキが目につきます。これでホウキを作ったのだろうか、と
採ってきた。ホウキがつくれるだろうか・・・とりあえず飾ります。
今日は6座踏破、さらにユズの収穫!!のおまけつき。
帰ってからは温泉に直行、温泉は空いていて湯船独占。
6時に家に着いたら暗くなっていました。空は満天の星です。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

ドジッ!!

| コメント(2)

今日は茨城県大子町の山へ行く。
家から1時間ちょっとなので行きやすいのです。
車2台、登山口と下山口に置く。

30110.jpg最初は林の中、ちょっと急な岩があったりして1時間で眺めのいいところへ着き一休み。
昨日から山火事とのことでヘリコプターの音がする。煙が見えるかと思ったけれどどこも
何の異変も見当たりません。久慈川など眺めがいいです。
我が家周辺の日影はマイナス8度あった、と同行者。ここは穏やかな小春日和、寒い冬とは
思えません。

30110-1.jpgまた急な岩場を登って2回目の眺めのいいところに着きました。
でも山頂ではない、あれが目指す山頂!!
どうみても楽ではない・・・いったん降りて尾根を登っていかなければなりません。

30110-2.jpg去年もその前の年も登っているけれど高さの記憶がありません。
500mあったかなぁ、400mくらいかなぁ、などと話しながら着いたら380m!!
2時間10分かかって380m、同行者は思わずのけぞった。
「私の住んでいるところより低い・・・」

誰もいない静かな山、風の来ない日当たりのいいところでお昼にしました。
そして転げ落ちるような急な道、細くて踏み外したら大変なことになりそうな道を
ゆっくり下山。

「あれ、私、車のカギどうしたかしら・・・」ほっとしたところで気がついた。
あわててあちこち探したけれどない、同行者の車の中に置いてきた・・・

わざわざ車2台きたのにどうするのよ、まったくドジなんだから・・・
でも前にもそんなことがあった。その時は私がカギ忘れたわけではないので
「なんのために車2台で来たのよ」とさんざん言ったのを思い出した。
でも今回の同行者は恐縮する私に「そんなこともあるわよ」と優しい。
さてどうする? 下山口に車はあっては鍵がなければ動かない。
タクシー呼ぶにも駅は遠い・・・

来た道戻ろうか、と同行者。それが一番、それしかないけれど転げ落ちるような道を
また登らなければならない。
急な岩場を登るとき「ここを下山するのは危ないから帰りはもう通らないからね」と
言っていた道を通って下山しなければなりません・・・
それでも無事下山して「いっぱい歩いてお正月でなまっていた体にちょうどいい」と
優しい彼女でした。

ここまでブログ書いてふと思い出した・・・ほんとにアホ!!! どうしようもないボケ!!!
何かの時に困ることもあるだろうと免許証の中にカギをいれてあるのを忘れていた。
気が動転して思い出さなかったのかも、ではないね。完全に忘れていた。
免許証とカギを一日中背負って歩いても何の役にも立ちません・・・

30110-4.jpg免許証と手放せない薬とカギを入れたケースです。
あ~ぁ、何と言って謝ろうか・・・

30110-3.jpg大子町の山歩きの仲間さん、昨年は県外には出てはいけません、とのことで春のころ
2回ほど一緒に歩いただけ。
茨城県に行った時に一緒に歩けるので今日もその予定でした。
でも1都3県プラス栃木県の人との接触ダメ、との通達で道の駅で挨拶して頂き物してきました。





応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

初歩き

| コメント(4)

那須の山は年末からずーと山日和ではありません。
そんな中、3日だけAでした。
昨日の夕方確認すると予報が変わっていた。12時ころからA、朝ゆっくりでかければ
なんとか登れそう、ということで着るものを用意。
今朝、目覚めてすぐ布団の中で予報を確認すると、こりゃダメだ・・・の予報になっていた。

そんなわけで初歩きはいつもの近くの山のお世話になりました。

30103.jpg車で走っているときは綺麗に見えたけれど山頂につくころは雲が・・・
やはりこれでは那須の山は無理です。
まだお正月3日、いつもはすれ違う人も2,3人くらいですが今日はにぎやかでした。
と言っても東北の里山、数えられほと゛のグループです。
杖をついて必死に登る高齢者の姿に、ガンバレやー、だったか気をつけてー、だったか
励まされた。

30103-1.jpg30103-3.jpgいつもと違う道を下山してみました。
展望はないけれど歩きやすい道、でも車道歩きが長かった。
農家の近くで立派な柿の木を見た。まだびっしりと実がついていた!!
これだけ実がついたら実も小さい。鳥も食べないみたい・・・

30103-2.png今日は簡単に一往復1時間半ほどの歩きで終わりました。
1万歩には届かないけれどいいことにします。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

カテゴリ

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31