山登りの最近のブログ記事

山日和

| コメント(6)

朝起きると先ずストーブ。ガラスにも水滴がついています。
もうすぐ11月、ちゃんと寒くなってきています。
山も寒いだろうな、と着るものに悩み予備に薄いダウンも入れる。

321028-1.jpg321028-2.jpg山のふもとは霧発生で真っ白。登り始めに猪苗代湖も見えなかったけれど
山頂に着くころには展望も紅葉も見下ろせて満足。

321028.jpg健気にマツムシソウが待っていてくれた。

321028-3.jpg一つ目の山・大将旗山まで1キロを1時間。
さらにそこからアップダウンを繰り返して2キロの道を1時間で額取山へ。
登っては下り、登っては下りをため息つきながら歩く。
それでも紅葉眺めたり展望の良さもあって頑張ることができます。
風もなく山頂は穏やか、寒い心配はいりませんでした。

321028-4.jpg帰りに雪の山を見た!!
冬は必ず来る!!



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

七ケ岳へ

| コメント(4)

紅葉時期は気が急く。
大体同じ時期に紅葉、一つの山に行けば他の山には行けなくなる。
昨年行けなかった七ケ岳へ今頃がいいだろうと向かいました。

321021.jpg321021-7.jpg那須の近くの元スキー場と違って綺麗に手入れされているので眺めがいい。
紅葉は目をみはるほど色鮮やかですが、前回に比べるとカラマツの黄葉が
まだです。カラマツの黄葉に合わせると上の方の紅葉が終わりに近い・・・

321021-1.jpg木の間から向こうの山がとても綺麗に見える。足がなかなか進みません。

321021-2.jpg何枚写真撮ってもみな同じようなものばかりになります。

321021-3.jpg321021-5.jpg
ようやく尾根に出ました。
ここの景色が見たくて会津まで来ます。見上げれば山肌が色づき、見下ろせば
モコモコモコといろいろな木がいろいろな色に!!
そして山頂が見えます。

321021-6.jpgようやく山頂に着きました。年々時間がかかります。
やっと登った山だからとお湯を沸かしてコーヒー飲みながら景色を堪能。

321021-8.jpg下山途中にキノコ発見!! 小さな袋には入りきらず、大きな袋を用意の人に
入れる。

321021-9.jpg今年はフキノトウ採りに来られなかったけれどここでフキノトウ採りします。
こんなにススキが生えたらもうフキは負けてしまったかも知れません。
昔はフキが一面に生えたゲレンデで軽トラの人がフキを束ねていた。
今はそんなフキも少ししか見当たりません。




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

忘れていた山

| コメント(2)

321018.jpg黒伏山です。
念じ続ければ願いは叶う、と言われ頭の中には行きたい山がいつもいくつか
入っていました。何かの時に、あの山へ行こう、とチャンスが来るのです。
でもこの山は一緒に行く人もいなくなり諦め、知らないうちに忘れていました。

忘れていたのに、登れる!! ことになりました。
諦めてから相当の年月が過ぎて、体力は大丈夫だろうか、になりました。
全体を眺めました~。眺める山、ということで展望のいい山の方に変更です。

面白山(北面白山)へ

321018-1.jpg321018-2.jpg楽して登る、ということで天童高原につきました。
眺めのいいところで月山も見えました。
そうだ、昔子供を連れてここでテントを張った。のを思い出した。
柵越しに可愛いひつじを眺めた。カーナビの無い時代によくここまで来た
ものと感心しました。

321018-4.jpg321018-5.jpg歩きだしは緩やかな道、林の中で道も良く心地いい。
長命水を一口飲んで、元気で長生き!! ここから登山道が急になる。
そして一つ目の山頂に着いた。行く先にはドン!と立派な面白山がそびえた。
カギ型になって見える尾根を登るらしい。ほぼまっすぐに登る感じです。

321018-3.jpg321018-7.jpg321018-12.jpg林の中の紅葉を楽しみながら登ります。
山肌には薄い黄色の木が点在、このコシアブラの木のようです。
これだけの種をばらまけば増える。

321018-8.jpg振り返ると歩きだした天童高原が見えた。
やっぱり人間の足はすごい、というかここまで歩く根性がえらい、と褒める。

321018-9.jpg321018-10.jpgいよいよ山頂が近くなってきて展望もよくなりました。もうちょい!!

321018-11.jpg32101812.jpg着きました~!!
360度の展望です。ずーと見続けながら登った山がどっしりとそびえます。
その向こうには山形の山、違う方を見れば海も見えます。
のんびり休憩、展望を楽しみました。山日和の良い天気に恵まれました。






応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

今日も晴れ!!

| コメント(4)

天気予報では今週ずーとあまり良い天気ではなかった。
あせって出かけたのに今日も爽やかな晴れとはね。
ありがたいけれどもう見たいと思った那須の紅葉は一番いい時に見たと満足。

昨日も目の保養

321015.jpg前日も南月山から姥が平の紅葉見物した。
でもまた声がかかったのでルンルン気分で出かけました。
らくちん紅葉狩り、 スキー場のゴンドラから紅葉を見下ろします。

321015-1.jpg那須の紅葉名所はたくさんの人出、駐車場に入りきれなくて渋滞、歩くのも
すれ違いなど大変だというのに、ちょっと外れた山はとウソのように静か。
大きな木に囲まれて人もいない別天地です。

321015-6.jpg321015-2.jpg左右キョロキョロ、振り返ったりと高齢者と後期高齢者はのんびりと紅葉を
楽しみます。林の中は紅黄葉のトンネル、それ以上に静かが一番!!

321015-3.jpg林を抜けると展望が広がる。
来た道を振り返り、左を見れば那須の紅葉、右を見れば赤面山の紅葉、
行く先を見上げれば・・・苦しいからやめよう。
苦しい尾根を登りきるころ風が吹き始めガス発生。
真っ白で展望がなくなったので三本槍まで行かないで引き返す。
遠くからわざわざ来たわけじゃないし紅葉をたくさん見たからいいよね、と
高齢者は楽なことにはすぐ賛成しあう。

321015-5.jpg321015-4.jpg切り株があって腰おろすにちょうどいいし、綺麗な紅葉が目の前。
ここでお昼にしよう!! 3時間の散策でした。




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

年に一度は

| コメント(2)

年に一度、秋の紅葉の時にロープウエイに乗る。と言いながら今週だけで
2回も乗りました。
月曜日は山はAマークでその後はずーと山はC、今日しかない、と月曜日に
張り切って出かけた。
だけど山は小雨とガス、 紅葉は綺麗だけれどうっすらぼんやりと近くが
見えるだけ。
今年は台風が来ないので木にはまだ葉が残り、色がとても綺麗です。

どうしてももう一回ハッキリと見たい、と今日も出かけました。
早めに出かけたのにもう駐車場は車がいっぱい!! なんとか駐車できました。
ロープウエイ乗り場は乗車券買う行列で外まで並んでいます。

今日の紅葉

321014.jpg321014-1.jpgロープウエイ降りてから牛ヶ首へ向かう。
谷間に沿って紅葉が下がっています。この景色が見たくて毎年来ます。

321014-3.jpg321014-2.jpg綺麗だ、綺麗だと写真ばかり撮りながら牛ヶ首についく。
ほとんどの人は紅葉の名所の姥が平を目指しますが、南月山方面に向かう。
振り返り振り返り同じような写真を何枚も撮りました。
そして見たい景色の所についてコーヒータイム。
今日はぶらぶらとほぼ観光、のんびり紅葉を楽しみました。
ついつい「綺麗だねぇ」の言葉。

同行者がまだ南月山に行ったことないというので南月山まで足を延ばしました。
そして引き返しながら姥が平を見下ろす。ぞろぞろと人が歩いています。

「姥が平、どうする?」と聞くと同行者は行ったことないから行く、と言う。

321014-4.jpgすれ違いに苦労しながら姥が平に降りて紅葉ながめながらのんびりお昼。

テレビ局らしい撮影隊がいたり、ベンチは満員で地面に座る人がたくさん。
われわれも仕方なく平らな地面に座って休みました。

瓢箪池、どうする? と聞くと、やはり行ったことないから行くと言います。
のんびりぶらぶらながらあちこち回り帰り道につきます。

321014-8.jpg321014-6.jpg下山も朝日岳や鬼面山が真っ赤で綺麗。
石ころに足をとられないように気をつけて下山、登山者も慣れない歩きの
人が多かった。

321014-7.jpg転ばずに無事下山。最後に紅葉の〆、と誰もいないところへ・・・
綺麗だった!!




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2020年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31