ひとりごとの最近のブログ記事

家が一番

| コメント(0)

なんだけど時々出かけたくなる・・・忘れ物ないように支度して出かけて帰ってきました。
たった1泊だけど出かけるときは大変、高齢の母は前日になって体調が急変しないだろうか、とか
出かけてから呼び出しの電話がならないだろうか、とか、あとはメイちゃん。
最近メイは外が多いし寒くないので物置にエサを置いて外猫にして出かけます。

上高地で写真撮りながらさんざん歩いて駅についたらまだ明るい5時半。
便利な世の中です。ホームを「昨日出かけた感じはしないよね、もう何日も遊んで
いるみたい」と話し合いながら歩く。
家に着くとメイが庭にいました。ことさら嬉しそうに飛び跳ねるわけでもなし、また遊びに
行きました。

290523.jpgニッコウキスゲが咲きそろっていました。

290523-1.jpg花は大きいけれど色が優しくて大好きなジャーマンアイリスも咲いていました。

太いアスパラが2本、今日からまた野菜生活・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

お施餓鬼の日

| コメント(0)

毎年5月20日はお施餓鬼の日と決まっています。曜日には関係なく5月20日です。
うっかり出かける約束をしないように気をつけなくては・・・
約束してから後で気がついて「ゴメンネ」と謝ったりします。

290520.jpgお寺さんへの階段、足腰が弱ったお年寄りは階段ではなくゆるやかな道を登っています。
私は元気よく颯爽と??と足取りも軽くトントンと登ります。ジャガが咲いていました。

午前中は檀家さんの会費の会計収支報告。
そのあと今日は整形外科医の膝・腰・股関節の痛みや原因と手術で治る話がありました。
医学もどんどん進歩、なかなか死なせてくれない、ということも。
体はもう死にたいと思っているのに死なせてくれない、というのをよく耳にします。
昔のように自然と枯れるように・・・は今はちょっと難しい。

そんな話を聞きながら亡くなった山の仲間の3人を思い出す。みんなまだ若かった。
まだまだ生きたかっただろうに・・・病気には勝てなかった。
山歩きを始めて喜んでいた顔を思い出します。
そんな中で嬉しいこともあります。5年生存率0%というガンの闘病を超えた友人と来週
久しぶり一緒に上高地を歩けるのです。
闘病、というより闘うのを止めてゲルソン療法でお元気になられたみたいです。
人間は食べて生きる、というのを実感。食べ物は大事だなぁとつくづく感じました。
遠く離れているけれど九州も北海道も御岳山も、北八ヶ岳のスノーハイクも西穂高も行ったっけ、
そうだ、佐渡も立山も行ったなぁ~、といろいろ思い出します。
これからまたのんびりと一緒に山歩きができるといいなぁ、と思います。

上高地のお花畑。お花畑というより右も左も見えない向こうまでずーーとニリンソウが咲く。
たくましく山歩きベテランの山女も60年も登山している大ベテランも見たことないと
言います。
ニリンソウは咲き終わると跡形もなくなるのです。夏山や紅葉、冬山といつもアルプスを
歩いていてもこの季節にここを通らないと見ることの出はない花畑です。私もたまたま
残雪の山へとここを通って見たのが始まりです。
今回で4回目、好きなところは何回でも行きます。これから年とともにこんなのんびりとした
花をみながらぶらぶら歩きがよくなってきます。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

健康診断日

| コメント(0)

年に一度の嫌な日・・・でも最近は朝食抜きというのにも慣れてきました。
食事抜きもさほど苦にならなくなりましたが、じっと待ちながらあれこれの検査が大変。
締め切り時間ちょっと前に行った方が待たされなくていいかも、と思うのですがどうしても
一番混みあう時間になります。

健診日を忘れないように、忘れないように、と気にしているだけで疲れ気味。
今日ようやく一つ解放されました。
この次はお寺さんに行く日です。
お寺さんも始まる直前に行くと座る所がなくなるので早めに行く。そして始まるまでじっと待つ。
2時過ぎには終わるけれどどっと疲れが出ます。

健康診断とお寺さんが終わると5月ももう終わり・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

イタドリ

| コメント(0)

子供のころはイタドリとかスイバなど野山にあるいろいろなものを食べました。
誰から教わったか記憶にないけれど、食べられるものを子どもながらにみんな知っていました。
今思うと花も食べましたがどうもヤマツツジのような気がします。

昨年、友人のところで塩漬けしたイタドリの油炒めをご馳走になりました。
おいしかったので今年は私も作ってみようとイタドリの出るのを楽しみにしていました。
今までも山歩きで伸びたイタドリはたくさん見ています。
あんな伸びきった固そうなイタドリではなく出たばかりの柔らかいのを見つけなくてはなりません。

でも不思議なものです。その気になって眺めるとけっこうあちこちにあるのです。
歩きたくない私はゴミ出しも車でしたが勇気を出して歩いてゴミ出し。
300mくらいはあるでしょうか、キョロキョロせず道の真ん中をただまっすぐ前を見て歩きました。
帰り道、ひょいと耕作してない田んぼをみたら太いイタドリが!!
4,5歩草むらに入らないとなりません。欲が出ると強いですね、恐る恐るながら草むらに足を
つっこみました。

真っ白な山を眺めたいとちょこっと出かけてきました。
道路わきにわさわさとイタドリがいっぱい生えていました。中には、こんな太いのはいらない、
というくらい太いのもありました。
そして雪が消え始めたところに出ていたフキノトウもちゃんと採ってきました。
樽のなかにけっこうイタドリが増えました。
あとは食べるときに塩出しして、どれだけ上手に味付けできるか、です・・・
イタドリそのものぱそんなにおいしいものではないと思うので、味付けだろうなぁ。

ネットで検索して驚いた。料理方法がたくさん載っていました。
漢方薬としても利用されるらしいです。昔の人は自然に生えているものをうまく利用して
生活していたのでしょう。いつものことながら知恵に驚かされます。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

火事

| コメント(0)

大型連休騒ぎが過ぎたと思ったら5月ももう10日、早い!!!

今日は近くで火事があった。ちょっと出かけていたのでサイレンと消火作業は見ませんでしたが
帰ってくるとまだ作業は続いていました。今あちこちで火事が多い、気をつけなくては・・・

290510.jpg

集落の中ほどに数年前に防火貯水槽ができた。どのくらいの水が貯蔵されているのかわかりませんが
これで火事の時消せるのだろうか、と思っていました。
向こうの川から水を防火貯水槽に入れているのだろうか、我が家の前をホースがグニャグニャと。

290510-1.jpg消防自動車が止まっているところが防火貯水槽です。火事現場はまだずーと先でみえませんが
防火貯水槽の役目がようやくわかりました。
備えは必要ですね。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31