こんなつもりでは・・・

| コメント(0)

良い天気で気温も上がるという。
霧氷や雪景色は無理かも知れないけれど山歩きに出かけた。
那須の山は登山者も多いのでだいたいの様子はわかるけれど今日の山はどんなでしょう。
昨日が日曜日で天気も良かったから何人か山に入っているのを願って!!

踏み跡があって道がついていた。良かった~、と歩き始める。
でもとんでもなかった。途中からみんな好き勝手に歩いた感じで、夏道無視のように直登。
散らばる足跡で一番踏み跡がしっかりしているように見えるのを選んで進む。

冷え込めば足跡も固いのに、気温上昇で雪が緩み歩きにくい、時には踏み抜いて穴にはまる。

30222.jpgようやく急登終わってホッとする。山はもう春、雪は少なく木の根元は落ち葉が乾いて
いました。

30222-1.jpg30222-2.jpg眺めもいいので木の根元に座って楽しい食事。
いやぁ~、すごかったね、大変だったね、と言いながら笑い合う。
「那須の茶臼岳? 甲子の山に比べたら簡単よ。歩いていれば着くわよ。」と言えるね。
何事も経験よ、と大変な雪道にもめげず笑い合い鼻息も荒い。

のんびり休憩して、帰りは楽かと思えばとんでもない!!
先ほど歩いた自分たちの足跡も気温上昇でもっと雪が緩み一歩一歩靴がもぐる。
そして穴にはまって足が抜けなくなったりと大騒ぎ。
もうこんなにもぐるならどこを歩いても同じ、と道のないところをまっすぐ降りたり・・・
同行者はお尻ですべって降りた。私も真似してもうお尻はおもらし状態。
こうなると童心にかえって雪遊びしているようなものです。

無事下山、楽しかったねぇ、少々のことではへこたれなくなるね、と高齢者は楽しそうに
笑いながら帰る。
帰りは勿論温泉、楽しい息抜きの一日でした。私は仕事していないから息抜きっぱなし・・・

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

カテゴリ

2021年2月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28