ドジッ!!

| コメント(2)

今日は茨城県大子町の山へ行く。
家から1時間ちょっとなので行きやすいのです。
車2台、登山口と下山口に置く。

30110.jpg最初は林の中、ちょっと急な岩があったりして1時間で眺めのいいところへ着き一休み。
昨日から山火事とのことでヘリコプターの音がする。煙が見えるかと思ったけれどどこも
何の異変も見当たりません。久慈川など眺めがいいです。
我が家周辺の日影はマイナス8度あった、と同行者。ここは穏やかな小春日和、寒い冬とは
思えません。

30110-1.jpgまた急な岩場を登って2回目の眺めのいいところに着きました。
でも山頂ではない、あれが目指す山頂!!
どうみても楽ではない・・・いったん降りて尾根を登っていかなければなりません。

30110-2.jpg去年もその前の年も登っているけれど高さの記憶がありません。
500mあったかなぁ、400mくらいかなぁ、などと話しながら着いたら380m!!
2時間10分かかって380m、同行者は思わずのけぞった。
「私の住んでいるところより低い・・・」

誰もいない静かな山、風の来ない日当たりのいいところでお昼にしました。
そして転げ落ちるような急な道、細くて踏み外したら大変なことになりそうな道を
ゆっくり下山。

「あれ、私、車のカギどうしたかしら・・・」ほっとしたところで気がついた。
あわててあちこち探したけれどない、同行者の車の中に置いてきた・・・

わざわざ車2台きたのにどうするのよ、まったくドジなんだから・・・
でも前にもそんなことがあった。その時は私がカギ忘れたわけではないので
「なんのために車2台で来たのよ」とさんざん言ったのを思い出した。
でも今回の同行者は恐縮する私に「そんなこともあるわよ」と優しい。
さてどうする? 下山口に車はあっては鍵がなければ動かない。
タクシー呼ぶにも駅は遠い・・・

来た道戻ろうか、と同行者。それが一番、それしかないけれど転げ落ちるような道を
また登らなければならない。
急な岩場を登るとき「ここを下山するのは危ないから帰りはもう通らないからね」と
言っていた道を通って下山しなければなりません・・・
それでも無事下山して「いっぱい歩いてお正月でなまっていた体にちょうどいい」と
優しい彼女でした。

ここまでブログ書いてふと思い出した・・・ほんとにアホ!!! どうしようもないボケ!!!
何かの時に困ることもあるだろうと免許証の中にカギをいれてあるのを忘れていた。
気が動転して思い出さなかったのかも、ではないね。完全に忘れていた。
免許証とカギを一日中背負って歩いても何の役にも立ちません・・・

30110-4.jpg免許証と手放せない薬とカギを入れたケースです。
あ~ぁ、何と言って謝ろうか・・・

30110-3.jpg大子町の山歩きの仲間さん、昨年は県外には出てはいけません、とのことで春のころ
2回ほど一緒に歩いただけ。
茨城県に行った時に一緒に歩けるので今日もその予定でした。
でも1都3県プラス栃木県の人との接触ダメ、との通達で道の駅で挨拶して頂き物してきました。



コメント(2)

こんにちは
>どうしようもないボケ
あははは
笑ってしまいましたね
アハハは

鍵を失くしたりとか万一の時に備えてスペアキーを
用意するなんて立派、と思っていたのにそれを
忘れるとは笑うしかありませんね。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

カテゴリ

2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31