今日は・・・

| コメント(0)

一か月が過ぎて髪がうっとうしいのにこの暑さ、美容院へ行ってきた。
出かけたら山の方が暗い。雨になりそうだなぁ、と干してきたドクダミを
心配する。
カットはすぐ終わり雨がポツポツ、ギリギリ間に合った。それからがすごい。
びっくりするような雷雨になりました。少し涼しくなるでしょう。

昨日から太ももがすこし筋肉痛、朝のテレビ体操はお休みで~す。
涼しいうちに庭に出てみました。

320822-1.jpg草がないのは気持ちいい。遠くまでよく見えて安心です。
草露もなくてサンダルで歩けます。いつもこうだったらいいなぁ・・・

320822-2.jpgお盆前に私が草刈りしたところは緑、あまり伸びないうちに明日あたり
草刈りするかなぁ。

320822.jpgタカサゴユリが私の背丈ほどに伸びて庭のあちこちで咲いています。
これはおいしくないのかイノシシは掘りません。

320822-3.jpg道路わきで可愛い花をつけていたハギ、庭に植えたのは私ですが今では
手を焼いています。
根元から切ってもこれだけ伸びるのです。

320822-4.jpg大好きなオミナエシが増えて喜びましたがやはり1,2本でいい。
草刈りしなくてもいいようにオミナエシに1区画与えましたが・・・

320822-6.jpg小さい花は倒れることもないのでいくら増えてもいい、と芽が出たのは
なるべくそのままにしておいたらとんでもないことになったので今年からは
草刈りするときに一緒に刈ることにした。
あまりあちこちで咲かない方がすっきりしていい。

尾瀬の登山道で

山頂から下山、30分もしないところに人影が・・・怪我でもしたのかしらと
近づいてみるとどうも休んでいるらしい。
足でも痛いのかしら、湿布薬あげればよかったかしら、と通り過ぎてから
同行者は心配する。
私はあんなところで休んでいるのは下山中ではなく、下から登ってきて
休んでいるのかと思った。

田代湿原で休憩していたら先ほどの人が上から降りて来ていっしょに休憩。
ご主人の方は顔も冴えなく辛そう。足がつって・・・・という。
同行者はすぐ湿布薬を取り出して貼ってみたら、という。
「先ほど前を行った人にもそう言われたのですが、足のあちこちに
つるのが移動するので・・・」という。太ももの方までつるらしい。

「あの魔法の薬は持って来なかった?」と同行者に聞くと
「あっ、そうだった」と携帯用の容器に詰め替えたマッサージゼリーを
出した。
「私たちは出発するので奥さんにマッサージするように塗ってもらって
ください」と丁寧に説明。

次の田代湿原で休憩しているとお二人さんがニコニコしながら軽い足取りで
歩いてきた。
「あの薬は何ですか? 私たちも買いたいので」と聞く。
そして休憩もせずにスタスタと私たちの横を通り過ぎて行った。

やっぱりあれは魔法の薬だ!!
あんなに効き目があって辛かったご主人が一番びっくりだろうね。
私も今回はいろいろなものを用意した。
アミノバイタルだの、即効エネルギーだの、10秒チャージだの、なんとか
アミノだのを登りながらも下山しながらも補給。
疲れて体がヘナヘナになったり気力がなくなったりするのが怖いのです。
ただ膝が笑ったり足がつったりして歩けなくなることは考えたことない。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31