頑張ったぞ、燧ケ岳!!

| コメント(4)

山仲間さんが燧ケ岳に一度行ってみたいと言った。
そうか・・・じゃあもう一度頑張ろうか、と決心したのにネットで検索すると
入山禁止になっていた。

「折角気合を入れてもう一度! と思ったの今年はだめみたいよ。来年はもう
その元気も体力もないと思う・・・」で尾瀬は諦めた。
でもちょっと前にチラシで尾瀬のツアーを見た。
7月から入山できるようになったみたいです。わかっていればもうちょっと早い
時期に行きたかったけれど過ぎてしまってはどうしようもありません。

320821-5.jpgどのコースで登るか・・・
駐車場から直に登るのはきついし、この景色が見たくていつも沼山峠から
入りますが今回は地図を見ながら細かく時間を計算して同行者に説明。
この暑さではきついとナデッ窪コースは外した。
こちらのコースは登る時間だけを見ると30分短いですが、バスの待ち時間と
バスに乗っている時間と登り始めるまでに1時間半ちかく歩く。
日暮れも少し早くなって2時間近く時間が多くかかるのは大きい。

320821-4.jpg少しくらい遅くなってもいいから景色のいい方、というので沼山峠から
入りました。晴れ~!! 登る山がバッチリです。
バスには数人、降りて歩きだしたら早い人は追い越して行き誰もいなく
なりました。

320821-6.jpgいよいよ登りが始まります。50代の頃、2回ほど登ったことがありますが
林の中を延々と歩いた記憶だけ。最後の方はけっこうきつかった・・・
あまり好きなコースではなくてそれ以来ここは通っていません。
はじめはゆるやかな道、これで距離を稼げは3時間の登りも苦しいのは1時間
くらいかなぁ、などと勝手にいい方に考える。
林の中は誰もいません。貸し切りだ、と思っていたら出発が遅かっただけで
数組の人が下山してすれ違いました。

320821-1.jpgやっぱりな、登りがきつくなってくる。所々数段の木の階段がありますが
どうやって登れというの??とブツブツ・・・
段差のある階段に足を乗せてもつかまるところがないから2歩目が出ない。
登山道にはアキノキリンソウとリンドウが競争するように咲いていましたが
もう花どころではありません。いつもなら足元に咲く小さい花々に助けられて
登るのに花を眺めるゆとりもなく歩く・・・

320821-7.jpg林の切れ目から沼が見えました~。もうそろそろ頂上も近いかな、と思ったら
まだまだでした。

320821-8.jpgここまで歩きだしてから3時間50分、登り始めてから2時間半地点。
ほぼ予定時間です。ということは休憩も入っているから早い歩きです。
あとひとふんばり、35分位であの山頂に着くでしょうか。

320821-9.jpg到着!! 頑張りました~、先ほどの休憩地点が良く見えます。
ゆっくり休憩、1時半に下山を始めました。地図上の時間では2時間半ですが
3時間以上かかるでしょう。4時半には駐車場につけばまだ明るい。

320821-10.jpg熊沢田代が見えてきました。あそこで休憩です。
田代が2か所あります。この景色が好きで下山はいつもこのコースです。
休憩して足を休ませないと足がもちません。
二つ目の田代でも休憩、あともうちょっと頑張れば駐車場と言い聞かせて
歩きだしますがその道の歩きにくいこと!!
これは道と言うより川だね、こんな悪路はどこの山に行ってもないよ、と
言いはじめて思い出した。

2年前の秋にもそんなこと言いながら下山したっけ。
疲れてくると大きな石の段差のある道は本当にきつい。
それでもなんとか無事駐車場着。4時20分着、歩き始めて8時間でした。
地図の上での計算は6時間50分プラス休憩時間で8時間。

一泊した山荘から北穂高登る時間が6時間、休憩入れて8時間を予定した。
すごいよ、北穂高へ登ったみたい。
地図によっても多少時間差はあるけどね。後期高齢者としては頑張りました。



コメント(4)

おはようございます
頑張りましたね〜
燧ヶ岳 
40年前を 思い出しています
ありがとうございます

ラッキーさん、40年前は若かったですね。
50代で登った時とはくらべものにならないほど
大変です・・・年取るとすべてが大変になります。

磐梯山は、燧ケ岳の足慣らしだったのかな?
登頂おめでとうございます。
ここに登れるのなら、まだまだ山歩きを楽しめますね。

燧ケ岳、なんとか無事下山できました。
きつい山はこれが最後と思って登ります。
燧ケ岳は本当にこれが最後だと思います。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2020年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31