後片付け

| コメント(2)

母の前の引っ越しと違って冷蔵庫や洗濯機などのように大きな物や、生活用品が
ないので片付けも楽かなと思ったのですがなかなか手がつかない。
それでも衣類は分類した。私よりたくさんの衣類がある感じ。
捨てるもの、切り刻んで使って捨てるもの、まだ捨てるにはもったいないもの、
などに分けた。
叔母がけっこう持って行ってくれた助かった。後は暇をみて少しずつやれば
どんなに遅くても年内には片付くでしょう。

今日は年金などの手続きを電話した。役場にも行った。
面倒だ・・・2か月ずつ入る年金の一か月分を請求するらしい。
こんな面倒なことするくらいならたいした額でない年金は要らない、と言う人も
いるだろうな、と思った。
親が長生きすれば手続きする子供は高齢になる。最近では届く通知を読むのも
イヤ、読んでも意味がわからないなど大変です。
一度役場に行って「これ読んでも意味が分からないのですが・・・」と言って
紙を差し出すと職員も「ほんとですね」と首をひねった。
急ぐのは年金の手続きだけ、受け取った後に「返してください」と言われ
ないようにしておきましょう。

320703.jpg昼間は寝ているメイ、やっぱり年なんだな、と思っていると夕方から外へ
出る。
寝る前に玄関の電気をつけて呼ぶと暗闇の中から走ってくる。
玄関にでたらドアの一点が光っていた。
誰か外から何かで照らしているのかとドキッ!とした。
その光が動いて上に上がって行く。ホタルだ! と外に出たら光りながら
飛んで行った。
こちらに越してきて頃、蛍が飛んでいたのを思い出した。

コメント(2)

エミさん。長い間、ご苦労様でした。
96才で大往生する母親が、自分も高齢になった娘に、最後まで面倒を見てもらい
看取られ送ってもらえるなんて、なかなかそんな方は、いらっしゃらないと思います。
大変幸せなお母様ですね。

エミさんが、お元気だったからこそ出来た事だと思います。
これからは、その元気を目一杯ご自分の為だけに使って、ご自分の人生を楽しんで下さい。

私の両親は、共に平均寿命位で、9年前に二親を亡くしています。
今では私に小言を言う者は誰もおらず、自分で好きな事をして暮らしています。

人生は一度きりです。 これからどれだけ楽しめるかが、勝負だと思います。

追伸、今の自宅の場所に越して来て20年位は、玄関先にも蛍が飛んで来ていましたが、
   何時の間にか、それも無くなってしまいました。

ターボさん、ありがとうございます。
これからは自分のために、になりますが
後期高齢者になった今は毎日を何とか過ごすのが
精一杯のような気がします。
無理せず楽しいことを見つけて頑張りたいと思います。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31