母永眠

| コメント(8)

96歳の大往生です。
眠るように長い眠りへ、というより眠ったまま本当の眠りで旅立ちました。
こんないいことはありません。

目を開かない顔を見ると、お疲れ様、と言いながらもやはり胸につまるものが
あります。でも人間皆平等、いつか死がくるのは仕方ないことです。

もう電車に乗ってこちらまで来られないと言っていた母の妹、やはり最後だから
行ってみたいと言います。
上野駅まで迎えに行きました。携帯を持たない叔母さん、上野の駅で
会えなかったらもう連絡がつきません。
電車を指定して常磐線着の12番線の一番前と決めた。

無事家に着いても夕方まで用もなく、二人で野良着に着替えて庭仕事。
これでお葬式かねぇ、楽なこと~。
珍しく3泊、明日も泊まって行くと言います。
コロナ騒ぎでずーーと出かけなかったので遊び気分で軽の車でトコトコ
送っていくことにしました。あれやれやと田舎の荷物が増えています。

コメント(8)

えみさんのこのブログでしか存じあげませんでしたが、お母様のおだやかな旅立ちの眠りに、那須方面に向かって合掌です。

人魂で行く気散じや夏野原

の北斎の辞世を思わず思い浮かべてしまったのは、山登りの韋駄天娘を持ったお母様の言霊だったのかもしれません。

夢パグさん、ありがとうございます。
北斎と聞くとすぐ浮世絵を思い浮かべる私です。
朝からちょっと勉強しました。
こんな人が身近にいたらどんなに楽しいでしょうと思うほど
いろいろ数えきれない特技や性格、いいですね!

お母様の訃報に接し心からお悔やみ申し上げますとともに ご冥福をお祈り申し上げます
私たちの年齢になりますと 生まれ出る命より旅立ちをお見送りすることが多くなってきます。
96年間を見事に生き抜いてこられたこと、娘に看取られながら静かに永遠の眠りにつかれてなんとお幸せなおかあさまでしよう。
一月、私も一人になってしまいました。
いつもどこかで誰かに見守られながら穏やかに過ごせますように

お母さま、長生きされましたね。本当にお幸せだったと思います。
眠るような静かな旅立ちと、叔母様と一緒に庭仕事をされた様子に
皆さんが全て自然のままに受け入れられているようでホッとしています。
えみさんもお疲れさまでした。
まだ落ち着かないと思いますが、メイちゃんと一緒にのんびりできますように。

あららさん、どうもありがとうございます。
母は96歳と言うことで幸せです。
あららさんがお一人になられたこと、言葉が出ません。
人はみないつか、と分かっていますが・・・
月日が経つにつれ思い出すことも多くなることでしょね。

チャッケさん、ありがとうございます。

何も言うことないほど良い最後でした。
今日も叔母と庭仕事しながら母の話で終わりました。
メイも年ですかねぇ、家で寝ていることが多く
なりました。

エミさん、お母さんの旅立ちを謹んでお悔やみ申しあげます。
お母さんの96年の人生には厳しい事もお有りだったでしょうが
伺い知るこの20年程は、娘さんとの楽しい時を堪能されていた事でしょう。
皆さんにお別れのごあいさつもされて眠るように行かれたとの事、
人皆望む最後の姿です。
エミさん、親孝行されました。お疲れさまでしたね。
これから20年先を目指して元気で歩いて行きましょう。

明日は叔母様を送って行かれるとの事、
気をつけて行って来て下さい。

はなさんありがとうございます。
最高の旅立ちでした。
あと20年も頑張りますか!
約束ですよ〜。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31