2019年11月アーカイブ

紅葉狩り

| コメント(0)

カラリと晴れではないけれど雨が降らなければそれでいい、と近くに紅葉狩り。
まだまだ道々のモミジや雑木林の色が綺麗です。
歩いて汗かいてモミジの木の下でモミジの紅葉眺めながらお昼ご飯。
こんな贅沢はありません。

帰って来て今日も温泉、のんびりゆったりと浸かる。
すべすべする温泉は肌が綺麗になった錯覚になります。
最近は山歩きすると足が疲れる。これも年のせいだなと諦めながら温泉で
足のマッサージをした。
時間を気にしながら急いで帰る必要もなくこれもまた幸せ~。

6時ころ家に帰るとお月様の明かりもなく真っ暗、懐中電灯は必需品。
お腹の白い毛がぼんやり見え、庭でメイが座って待っていた。
「メイちゃんおいで~」と言うと走って来る。寒くて早く家に入りたかったのかも。
11月最後の紅葉狩り楽しんだ一日でした。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

冬準備

| コメント(2)

霜が降りたらそろそろキウイの収穫、と決めています。
今年はなかなか霜もおりず11月半ばになっても葉がついていた。
雨の後2,3日見なかったらびっくり、葉がすっかり落ちていた。
朝からどんより曇ってちょっと寒いけれどキウイを採ることにした。
採るだけなら簡単ですが枯れそうなツルやからまったツルなどハサミで切り
ながらの作業でなかなかはかどりません。
本当は実をつけるツルを残して剪定すればいいのでしょうがそれが分かりません。

311126-8.jpgちょっと棚が高すぎて手が届きません。キャタツに乗っても手が届かなかったり
上を向けばゴミが落ちてきたりで大変。
外にいるメイも側で座り込んでいますが猫の手は貸してくれない。これは
いつものこと・・・
急に細かい雨が降ってきた。メイのすばしっこいこと、家の方に一目散に走って
行った。その後ろ姿はとても17,8歳とは思えません。

311126-7.jpgカゴがいっぱいになって午前中の仕事は終了。持ち上げたら10キロ近く
ありそうな重さでした。正月明けくらいから毎日2,3個食べる。
これほどお腹の調子が良くなるものはありません。春になってキウイが
なくなるとぴたりとお通じが止まります。
わが家にはもう一つキウイの原種みたいなサルナシがあります。これも最高!!
夏から秋にかけても快調です。

頂き物
311126-6.jpg私はお赤飯の作り方を知りません。なんとなく頭では分かっていますが
作ってみるほどのこまめさはありません。
ギンナン入りのお赤飯、夕ご飯はお米を食べませんが特別に食べましょう。
ほんの少しのつもりが半分食べてしまいました~。
おいしかったです、ご馳走様でした。




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

小雨の中もまた楽し

| コメント(0)

出かけるたびに高速道路から見上げる妙義山、そんなに遠くないけれどなかなか
行く機会がありません。
裏妙義、表妙義などコースがありすぎてどこを歩けばいいのやら・・・
昔、一度歩いたのは裏妙義みたいで地図を見てびっくり、こんなに長いコース
歩いたの?? もうとてもじゃないけど無理、若いとなんでもできてしまうと
感心するだけです。

今回は若い人たちの仲間に混ぜてもらって歩く機会ができました。
残念ながら小雨・・・歩きだしからカッパを着て元気よく!!

311126.jpgここから山に入ります。見上げる岩と紅葉、カッパの帽子が邪魔して思うように
見えない。

311126-1.jpgおおっー、この岩の穴は?!! わざわざ穴を開けたとは思わないけれどすごい。

311126-2.jpg雨に濡れた紅葉はみずみずしく色鮮やかでとても綺麗。
歩いている人もいなくて静か、写真撮りたいけれどポケットから出し入れが
大変、モタモタしていると若い人たちからどんどん離れてしまう。

311126-3.jpg311126-5.jpgこんな天気でなければ見られない景色です。
鮮やかな紅葉だけがいいわけではないのが分かりました。

311126-4.jpg滑る道、急な階段、せり出した岩等々、ボケッと歩いていたらとんでもない
ことになりそうな道、飽きることなく楽しい。
綺麗な紅葉は目に収めて、特に高齢者は転ばないように気をつけて歩くべし。
雨のため予定のコースの半分だったらしい。最後は立派な妙義神社へ。
でもこれで十分、すごくたくさん歩いた気分です。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

今日はフル回転

| コメント(2)

朝は小雨のような天気だったのに急に晴れて暖かくなった。
こんな天気になるのだったら昨日の雨の日に今日の準備しておけばよかった・・

玄関に大きな柿がある。ご近所さんが持つて来た柿、雨の日に皮向いて干して
カビてもなぁとそのままにしてあった。
大きな洗濯物、コインランドリーで洗ってきて干そうとおいてある。

昨日のうちにやっておけば朝から干せたのに・・・と思ってももう遅い。

母の所へ顔出しに行きながらついでにコインランドリーへ。
帰って来て急いで柿の皮をむいて干す。
洗濯物も竿一本足して干す。 やれやれ・・・

午後は久しぶりのお絵描き教室。
空に雲が出てきた。夕方までに雨が降ったら大変とせっかく干した柿を
軒下に移し、洗濯物は物置へ・・・

お絵描きが終わって今日は久しぶりに温泉へ、湿布薬も持って行く。
ここ2,3日背中が痛くて夜中に目が覚める。
脱衣所で「実態を見たぞ」と絵の先生。背中と腰にベタッと張った湿布を
見て笑った。一人で湿布を貼るのは大変、風呂上がりに貼ってもらった。

今日の庭

311125.jpg311125-1.jpg
朝、雨が止んでお日様が出た。紅葉がしっとりと綺麗、新しくしたスマホで
写真撮りたくて外に出る。まだ使い方がイマイチで写真も間違っていたりします。

311125-2.jpg311125-3.jpgまだまだ綺麗だけれど地面も紅葉、これも大好きです。

311125-4.jpgもうすぐ12月だというのにまだ紅葉。今年は暖かくて助かります。
あと一か月ちょいでお正月、そのころにはもう日が延びて夕方5時ころは
明るいような気がします。
寒い冬もなんだか短いような気がする・・・





応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

念願の男山・天狗山

| コメント(3)

昔の本の写真を切り抜いていつか行かれるのではないかと大事にとってあった山、
それが男山と天狗山です。なんと飯盛山のすぐ近くなので今回ようやく登れる
ことになりました~。
5,6時間かかるので日の短い今の季節はちょっと無理だと二つの山は諦めて、
天狗山を目指し時間を見ながら行かれる所まで行ってみようということに
なりました。

311124.jpg311124-1.jpg前日も良い天気でしたがもっといい天気、八ヶ岳も雲ひとつなく見えます。
男山・天狗山が見えてきました。
下から見上げると立派!! 心躍ります。

311124-2.jpg登山口からいきなりの急登、そして尾根に出ても岩の道のアップダウンが
続きます。辛くても眺めのいいので楽しいです。
ちょっと一息、あれが天狗の山頂かなぁ・・・初めてなのでさっぱり
わかりませんがここから急降下して一気に登り詰める感じです。

311124-5.jpg着きました!! きつかった!!
眺めは抜群、暖かい。今の季節にこの標高の山に登るなんて信じられません。

311124-3.jpg311124-4.jpg311124-7.jpg311124-8.jpg浅間山、北アルプス、八ヶ岳、男山、南アルプスとみんな見えます。
苦労して登って来た山、すぐ下山はもったいないと先に進みました。

引き返しながら陽だまりでお昼ご飯、パンにすれば良かった・・・
おいしそうだと買ったお弁当、ご飯がポロポロになっていた。

311124-9.jpg帰り道、名残を惜しんで見上げた天狗山の山頂。

昔の本にあった下から尾根に登る登山道はなくなっていた。
だからみんな天狗と男山をピストンするのがわかりました。
来年は新緑のころミツバツツジとシャクナゲ見ながらもう一度来ようね、と
約束。天気具合もあるから実現するかどうかはわからないけれど約束しないと
絶対実現しません。
新緑のころは日も長いし下山して一泊なら高齢者でもできそうだ。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

念願の飯盛山へ

| コメント(0)

念願の、というととても大変そうに聞こえますが・・・
昔、新聞に小さく載っていた記事。新緑のころもいいけれど11月頃の空気が
澄んだ時は眺めがいい、とあった。
そのうちに行きたいと思いつつ行く機会がなかなかありません。
遠いところへはるばる出かけた割には簡単に終わってしまう山なのでついつい
行きそびれていました。
この年になってようやくちょうどいい山になり行くことができました。

311123.jpg清里の駅から一周するコースもあるようですが、根性なしの私は楽して山に
行くことを考える。峠の駐車場に着きました。目の前に南アルプスの独特の
形をした甲斐駒ヶ岳と奥の方に白く光る北岳が見えました。
北岳はやはりすごい。

311123-1.jpg大きな木がないから展望はいい!!
ちょっと登っただけで下界の紅葉と北岳が光る景色が一望、そしてちょっと雲の
かかった八ヶ岳は目の前。

311123-2.jpg311123-3.jpgあれ?富士山だよ。今まで気が付かなかったけれど飯盛山の一つ手前の山頂に
着いたら目の前に富士山。写真では遠くなってしまいますがほんとにすぐ
目の前の感じ。
風もなく陽ざしも暖かいので山頂の草むらで富士山目の前にしてお昼ご飯に
しました。駅から駐車場までコンビニがなくて私は食べ物がない・・・
彼女がムカゴおにぎりをご馳走してくれました。
感謝・感謝、おいしかったです。

311123-4.jpg念願の飯盛山!! だけど風が強くてすぐ移動。ここだけ風が強かった。
眺めがいい分、風当たりが強いのかも。

311123-5.jpg富士山と富士山にそっくりな飯盛山です。

311123-6.jpg簡単な山で眺めがよくて静か、これ以上いいことありません。
モウレツな山女ものんびりと楽しむ山が良くなったと言って私に合わせて
くれています。ありがたや。
八ヶ岳の広々とした裾野の紅葉も綺麗です。

311123-7.jpg歩き終わるころに八ヶ岳の雲もとれました。いつも見る八ヶ岳の裏から
見ているのでちょっと山の感じが違って見えます。
ラクチンでいい山でした~。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

冷たい雨

| コメント(2)

朝起きて窓を開けると目の前に紅葉した葉、居間に座ってぼんやり外を眺めると
雑木林の柔らかな色、台所の窓から見てもそれぞれの木がそれぞれの色。
秋はいいなぁ~、と思ったけれどもう秋というより冬が近い。
昨夜は床暖のスイッチを入れた。敷物の下に手を入れるとほんのりと暖か、雨で
外に出られないのでコタツを作った。
足元は暖かいけれどまだ部屋全体が暖まるほどではないので寒い。

昨夜は寒くて目が覚めた。
元気だして布団も冬用に替えた。
今年は暖かだったと思う。今頃庭の木が紅葉し床暖もいままで我慢できた。
暑い暑いと言っても秋が来てちゃんと冬が来る。
これから寒い間は我慢、だけどあっと言う間に春が来る!! それくらい月日の
過ぎるのは早いです。

311122.jpgメイも寒いのかストーブの前で寝ています。
コタツを作ったら早速中に潜り込んだ。賢い。




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

一泊の山旅行

| コメント(0)

天気とにらめっこ、ようやく2日続いての晴れが出た。
旅行楽しみながらの軽い山歩きをする、というのがピッタリ。秋も深まって寒く
なるとこんなのがちょうどいい。
今回は清里で友人と合流。

311120.jpg311120-1.jpg新幹線乗り継いで佐久平についた。佐久平でレンタカー借りて山に向かった
こともありますが今回は小海線に揺られて清里で友人に拾ってもらいます。
小海線にのるホームはちょっと高いところでなかめがいい。
真っ白な山並みが見えた。あれは北アルプスか!!



311120-2.jpg約1時間半のローカル線、退屈するかなぁと思ったけれどとんでもない。
のどかな光景と大好きな落葉松の黄葉、葉が落ちてすきやかな所もあるけれど
色が赤茶けていなくてとても綺麗。

311120-3.jpg突如、大きな岩山が見えて「あれは何の山だろう・・・」と見上げたら山が
二つ。「あっ、あれは登る天狗山と男山だ!!」と思ってスマホを出しているうちに
山はどんどん遠ざかった・・・

311120-4.jpg車で通ることは多いですが電車は初めて、すべてが珍しい。

今朝の宿、食堂に行きながら窓を覗くと白い山がすぐ近くに見えた。
昨日ははるか遠くに白く小さく光って見えた北岳にびっくりです。
宿は山梨県でした。

311120-5.jpg311120-6.jpg今日も山歩きして小海線の信濃川上駅から帰ってきました。今日も飽きずに
山々を眺め、昨日はハッキリ見えなかった浅間山を眺めながら帰ってきました。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

母の所へ

| コメント(0)

体調の悪い知人が銀行に行きたいという。
母の所へ行くからついでに、その代わり45分位時間かかるよと言ったら
「私もお母さんのところへ行きたい」と言う。
母の顔を見たいというありがたい申し出、迎えに行くと杖をついて出てきた。
今日はまたとくにフワフワとした気持ちでふらつく、と言います。
私と半年しか違わない、学年で言ったら一学年下。
脳のMRIを撮ったら「大丈夫、もう暫く来なくていい」と言われたそうです。

怪我の傷と違って目に見えて良くなるのが分からない。
本人が一番じれったいだろうけれど誰もどうすることもできません。
母のいる施設についたら歩くところは手すりがついている。ちょうどいいね、と
手すりにつかまって歩く。
せっかく出かけてきたからちょっと走って紅葉でも見る?と聞いても「いい、家に
帰る。家が一番いい」との返事。これでは回復もなかなか難しいなぁ・・・

送り届けると頂き物の野菜があるからあげる、と台所へ。
大根がいっぱいあるというのでナマスを作る。
ありがとね、助かるわとお礼の言葉。
頂き物だというウコッケイの可愛らしい卵が出てきた。
いくらウコッケイの卵でもこれだけ食べても病気は変わらないだろうなぁ、と
思いながら「温泉卵と半熟卵とどっちがいいの?」
半熟卵がいい、と言った後でこれからちょっと寝る、と言う。
30分くらいで起きたらこの卵水で冷やして皮むいてね、と教えた。

でもきっと皮をむいてないと思う・・・
皮をむかなくちゃだめなの? 食べる時でもいいでしょ? だった。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

那須高原は今が一番

| コメント(2)

那須に住んでいても「那須ってこんなに綺麗なんだ!!」と思う季節です。
ちょっと歩きたいところがあったので出かけました。目的地に着いたら黒い雲と
フロントガラスに小さい雨粒・・・
下界をみると明るくて晴れているのに標高が高い那須高原は下界の天気と
同じではありません。

ドライブすることにしました。
下から登って来たので今度は横に走ります。山の中腹を横切る感じです。
車の右手方向は大きな雑木林の葉が落ちてその中にモミジが綺麗!!
左手方向は今紅葉している木々が下に向かってずーと見える。

311116.jpg311116-1.jpg脇道にそれてちょっと歩いてみる。車も殆ど通らない静かな道、あっち見たり
こっち見たりした。ついでに足元も・・・左側登る時もウンチが、右側降りる
時もウンチむが・・・
最初はイノシシかなと思ったけれど所々けっこう大きいのがあってどうもクマの
もののような気がした。
クマはわざわざ道路に出て、それもちゃんと端っこで用をたすのだろうか。
クマ出没の看板があるけれどこの数のウンチをみたら(あまり新しくはない
けれど)滅多に車も通らない道なので引き返した。

311116-3.jpg311116-4.jpg311116-5.jpg暫くぶりに巨岩吊橋のコースを一周した。
ここも誰もいない。水の音と足元の落ち葉の音が心地よい。

311116-6.jpgつり橋を渡って眺めました。このあたりだと歩く人もちらほら。

311116-7.jpgちょっと高いところから振り返りました。
天気はイマイチでしたがたくさんの紅葉を見た2時間でした。




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

初体験・胃カメラ飲む

| コメント(2)

ほんとは2回目、でも胃カメラ飲むのは大変らしい話を聞いて怖いので
1回目は麻酔してもらって何にも分からないうちに終わった。
終わったと同時に麻酔も覚める。今回もそうしてもらいたかったけれどそれは
ありません、と言われた。
ちゃんと飲めるかなぁ、と言ったら看護婦さん笑われた。
でも真剣な顔して、風邪をひいていないかとか、舌の具合はどうかとか聞く。
終わった後の注意書きも手渡された。飲むことができたからといってもあんまり
軽くみてはいけないようです。

なんとか胃カメラ飲むことができて無事終了。
先生から画像見ながら丁寧な説明、胃は綺麗だと言われた。
逆流性食道炎は女性に多い、ピロリ菌除去した人にも多いとのこと。
だからといってピロリ菌を飼育していたら癌になる確率も上がってくる。
食道は年相応にデコボコしていてこれも私だけではないらしい。
ちょっと変わっているのは胃と十二指腸の境で閉じている十二指腸が開いて
いた。これはいくらでも食べられる原因で〇〇〇と同じ、と言う。
何のことかなぁとピンとこなかったけれどテレビで時々見かける大食いの
あの人の名前みたいだった。親切で気楽で面白い先生でした。

夕飯も消化の良い柔らかいもの、長湯は避けてアルコールも飲まないで
くださいとのことです。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

今日は台所仕事

| コメント(3)

出かけて帰ると玄関先にたくさんサトイモが!!
農家さんにお礼の電話するとキヌカツギで食べる小ぶりサトイモがまだたくさん
あるから食べて、といいます。
同じ集落だけど車で貰いに行きました。

サトイモの保存は難しい。寒いと凍みて点々が出て煮ても柔らかくならないし
暖かい部屋においても茶色になってダメになる。
冷凍庫も空いてきたので茹でて皮をむきいっぱい冷凍しました~。
ついて゛にお味噌と残っていたケチャップのソースをからめてみた・・・
311114-3.jpg保存がきくようであまり長くおいておくと水っぽくなるカボチャ。
スーパーで売っているカットされたのが一人暮らしにはちょうどいいけれど・・・丸のままのカボチャに向かうのは勇気がいる。

311114.jpg硬い!! これくらい硬いとカボチャもおいしいぞ、と期待。
包丁が抜けなくなって二刀流。
大変な力を振り絞って解体したけれど硬いのは皮だむみたいで中身はちょっと
期待外れでした。
蒸して冷凍したり端切れはみそ汁用に小さく切って冷凍、野菜のない時に
すぐ使えて便利です。煮物やその他いろいろ、全部処理しました。
種まで洗って干しました~。

311114-1.jpg311114-5.jpg友人から柿が送られてきました。甘柿と渋柿です。
311114-2.jpgでかっ!! そして甘いのです。
311114-4.jpg渋柿も大きい。でもこれで小さい方だと言います。大きいと箱にいくつも
入らないのだそうです。今日の一番はこれ。

311114-6.jpg日向で皮むきしているうちに日陰になってしまいました。
ちょうど風が吹いてきて乾きそうです。寒くなってくれないとカビが・・・

今日はサトイモとカボチャと柿、働いた気がする一日でした。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

第2のスマホ!!

| コメント(0)

今使用しているのはちょっと画面が大きくてポケットには入らないけれど
使い勝手がいい。
でもなんとなく写真映りのいいのもあったらいいかも、と思っていたところ、
写真が趣味のパソコン・カメラの神様の様に見える友人が「このスマホなら
カメラいらないよ」と言う。その人がそう言うなら間違いないだろうと決心。

月曜日にそんな話で「ではよろしくお願いします」と言ったらもう今日手元に
届いた。カバーまでついて後は番号貰って切り替えるだけ、私は何にも
しなくても使える状態になるのです。

今までスマホ使っていてもスマホが違うとさっぱりわかりません・・・
慣れるために連絡先を登録しようかと開いてみたけれど先に進みません。
分からなければすぐ聞くことができます。
ラインで話しながらああやってこうやってと教えてもらえる。ありがたいです。
すんなりと使えるようになるにはしばらく時間がかかりそうです。

今日の庭

311113.jpgすることもなく窓からぼんやり外を眺める。昨日と違って風もなく穏やか、
外に出ると暖かいです。庭の木々も紅葉が始まったので写真撮る。

311113-1.jpgスズランの木も赤くなって葉が落ち始めました。
朝一番、露に濡れている時が一番綺麗です。

311113-2.jpgモミジも色づき始めました。今年はどんな色になるでしょうか。
昨年は写真に撮りたいほどの色になりませんでした・・・

311113-3.jpg先日、3日かかって庭の木を切って貰った。今まで日が当たらなかったモミジも
今年は嬉しそうに色づきました。

311113-4.jpgここもユスラウメの木を4本くらい切ってもらってスッキリしました。
紅葉が始まったブルーベリーも中の方に手が届かないほど増えてしまった。
紅葉が終わったら古い木を切ってみます。古くなると実がつかないような
気がします。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

今年も地獄坂!!

| コメント(0)

11月3日ころ、こちらの周りが色付き始めると落ち着かなくなる。
毎年どうしても行きたい福島県の天栄村あたりです。羽鳥湖の紅葉を見ながら
ドライブ、そして二岐山に登るのです。
今年は台風であちこちが被害があり、多分二岐山の男岳の登山口へは行けない
だろうと今年も女岳の地獄坂を登ることにした。
やはり男岳へ行く手前の橋のところで通行止めだった。
最初から女岳へ行くつもりだったので、通行止めの看板見てもがっかりしない。

311112-5.jpgこちらの道も今修理中みたいで登山口までは行かれませんでした。
ちょっと手前で車を止めてえぐれた車道を歩いた。

311112.jpg晴れだけど山はCマークで強風、それは覚悟の上。
冬でもこんな風は吹かないよ、と思うほどの風の音ですが林の中なので
ほぼ音だけで歩くのには差し支えありません。

311112-1.jpg林の中をまっすぐ登る!!
ようやく半分、でもこれからもっときつい坂になる。
世の中、もの好きな人もいるもんだ・・・

311112-2.jpg311112-3.jpg頑張ったぞ、地獄坂越えた。女岳についた。
直登1時間半!! せっかくここまで来たのだからもうちょっと頑張る!!

311112-4.jpg転げ落ちるような坂を下りて又登る。男岳に着きました。
眺めはいいけれど唸る風、相当気温は低いらしく手がかじかんだ。
こんな日に山に来る人はいないので山は貸し切り、だけどすぐ女岳目指して
下山始める。

下山は足がつらい。ロープに必死につかまり転ばないように降りる。
でも最後の方はもう足はよれよれ・・・
それでも車にたどり着けばケロリとした元気!! 

311112-6.jpg帰り道、登った山を振り返る。やったね、の満足感です。






応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

今日は庭仕事

| コメント(0)

朝から気持ちの良い晴れ、昨日は山遊びしたので家でのんびりです。
我が家の庭は丈夫で勝手に増える花があちこち我が物顔にはびこっています。
窓から見えるところだけでけでもと花を抜いた。
来年から草刈り機で刈り取ることにするために、所々に少しだけ花を残しみんな
抜きました。ほんとは花も要らない。草取りや咲いた後の後片付けも大変。
年取るとこんなふうになるんだ、と我ながら驚きです。
昔は楽しくて元気で一日中草取りしていたのに。でも土いじりは嫌いでないから
今日も午前と午後、夕方寒くなるまで仕事しました~。

昨日の那須の山

311110-1.jpg昨日は晴れ、そして山もAマークで登山日和。
紅葉も終わったというのに駐車場はもういっぱい、でも駐車場に入りきれなくて
大渋滞ではありません。
こんなにいい天気だというのに風が強い、そして冷たい。

311110.jpg土曜日で良い天気、登山者がいっぱい。最近は走る人だろうか、こんな人も
います。若者は元気、にぎやかに話しながら追い抜いていきます。

311110-3.jpg311110-2.jpgあれがいつも登る関山かなぁ、あれが燧ケ岳だろうな、磐梯山も見えた。
今日は今年最後かも知れない、三本槍まで行こう!!と張り切って出てきたけれど
1900m峰の先から道が泥んこ、清水平の先からはもっと悪いらしいので
先に進むのは諦めた。
風は強くて冷たい、どこでお昼を食べても寒い。無理することない・・・

311110-4.jpg311110-5.jpgまだ11時、これで帰るのももったいないと戻りながら隠居倉へ行く。
この道は風もなく暖かい。いつもは人もいなくて静かなのに珍しく4,5人
休憩しながら通り過ぎた。
土曜日なので三斗小屋温泉に泊る登山者のようです。
そして誰もいなくなった静かな山頂でオバサンはのんびり休憩してお昼ご飯。

隠居倉は、行きはよいよい帰りは辛い、の道のり。
覚悟を決めて緩やかだけれど辛い登りを頑張る。誰もいない登山道、ここで
こけて下に落ちたら誰も見ていない、今日はスマホも車の中、気をつけて
歩かなくちゃ、と今までない緊張感。
暫くするとまた若い人が数名こちらに歩いてきた。ホッ!! と同時にスマホは
持って来た方がいい、と思った。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

笑っちゃう・・・

| コメント(4)

先日歩いた1000mにちょっと足りない里山、2度と歩きたくないと思った階段の
道を降りた。初めての時はびっくりしたけれど2度目とあってそれほどきついとは
思わないで下山できた。足もプルプルしないと喜んでいたのに翌日は筋肉痛!!
それもふくらはぎのかかとに近いところが一番痛い。
つま先立ちができません。
今日もふくらはぎを手でつかむと痛い。
普通、筋肉痛というと太ももなのになんでこんなところが痛いのか、どういう
歩き方をしたらこんなところが痛くなるのか不思議。

筋肉痛になると嬉しい。筋肉痛になるほどいっぱい頑張って歩いた証拠、と
痛い痛いと言いながら笑みが浮かぶ。
でも里山で筋肉痛ではなぁ・・・嬉しい笑いよりちょっと情けない笑い。

あの靴のせいかな。
足の指の関節が変形しているらしく歩くと痛い。指が曲がらないようにがっちり
固定できるようにちょっと固めの靴を買っています。
どうも最近買ったあの靴が硬いだけでなくなんとなくしっくりこない。
あれを履いて山歩きした日はなんとなく疲れる・・・
そこでまた靴を買いなおした。三分の一ほどの値段で安い、こんな靴で大丈夫
かしらと思いながら履いていますが里山では十分。
せっかく買った靴、履かないともったいないと先日また出して履いて歩いた。
自分の体力を棚にあげて筋肉痛を靴のせいにしようとしている・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

蓬田岳へ

| コメント(2)

今日はお嫁さんと山に行く約束。
ガッツリとスポーツしている人なのでトレーニング兼ねてちょっときつめの山を
予定、でもその山はC表示。
ひたすら頑張って登っても強風とガスで展望なしでは辛いので軽い山にした。

311105.jpg登山口には山頂まで1.2キロとあった。尾根に出るまでの800mはひたすら登る。
大きな石が目立つ。尾根に出ても大きな石が!!

311105-1.jpg尾根に出ると坂は少し緩やか、青空も見えて紅葉も綺麗、400mの距離は
ラクチンです。

311105-2.jpg山頂にも大きな石というか岩、そこに立つと眺め最高。
汗びっしよりかいた甲斐がありました。
風をよけてのんびりコーヒータイムにしました。

311105-4.jpg一周するコースは山頂から下までずーーと階段、もう2度とこのコースは下山
したくないと思った。でも紅葉や展望を考えて階段を降りることにした。
歳の差親子、その上スポーツウーマンの彼女はスタスタと登ってあっという
間に見えなくなる。
でも平らな道や下山はまだまだついて行ける、と思っていたのにこの歩きにくい
階段をスタスタと降りて行きまたも姿が小さくなる・・・

311105-3.jpg311105-5.jpg311105-6.jpg階段は嫌だけれどこっちの道で良かったかな。紅葉や眺め、道も広くて
ハイキングしている気分です。

311105-7.jpg駐車場が見えてきました。今日の山歩きは終りです。
桜の木が落葉せずに綺麗に色がついています。これだけ綺麗に紅葉している
桜の木は見られません。
「足がプルプルする」とお嫁さん。良かった~、私はいつもと同じ!!

311105-8.jpg311105-9.jpgお昼ちょっと前だったけれど道の駅で新そば食べてきました。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

秋晴れ

| コメント(4)

午前中、10時のお茶の時間に合わせて母の所へ顔を出す。
あまり早く行っても朝ごはん食べたばかりだし、遅く行くとお昼ご飯になるので
いつもこの時間になります。
オヤツ少々と何か一口食べるものを考える。
今日はおでんもどきがあったのでダイコンとコンニャクと銀杏を持って行った。
味は薄味で自分で食べてもなんなく中半端でおいしいとは言えない・・・
お昼ご飯に差し支えないようにほんの少ししか持って行きませんがそれでも
95歳の年寄りとは思えない速さでペロリと食べた。
早くなんとかなりたいというけれどまだまだ!!
顔つきもしっかりしているし言うこともハッキリしている。どこまでが本当で
どこがウソなのかわかりません。
本人はウソついているつもりはないのでしょうが何かがこんがらがっている。

天気がいいと外に出る。しなくてもいいことだけど暇つぶしにすることは
たくさんあります。
お日様ポカポカ背に受けて黙々と土いじりするのは嫌いではありません。
でも昔に比べたら根気がなくなった。飽きたらすぐ止められるのがいい。

今日の庭

311104.jpg玄関先に倒れて咲く菊、倒れてから頭を上げるのでみんな曲がっている。

311104-1.jpg名前の分からない花、毎年芽をだして庭じゅうに散らばって咲く。
いつまでも元気だけれど一晩霜が降りるとそれでおしまい。あっけない最後。

311104-2.jpgスズランの木が赤くなってきたけれど真っ赤にならないうちに落葉が
始まっています。

311104-5.jpgこの菊が好きだけれど倒れて頭を持ち上げるのでみんな曲がって切り花に
できません。伸びすぎてしまうのかなぁ・・・
花が少なくなって蜂が寄ってくる。






応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

山遊び

| コメント(2)

先日の山歩きで1000mを超えると紅葉も終わりに近いのがわかったのでもう
ちょっと低い里山へ行くことにしました。
里山は登山口へたどり着くまでが大変。カーナビでも登山口は無理、何か目印の
建物があればいいけれど田んぼと農家がポツポツでは大変。
どうも山はあれらしい、と写真で見る山に似ているのが見えますが道が・・・
なんとか農園とバス停が目印ですが農園もバス停もなし。
もしかしてこの道かも、と入ったら工事中の地元のおじさんたちがいっぱい
いました。
ようやく道を聞くことができる人たちに会いました~!!

311103.jpg入った道が正解、ここから歩きだしです。

311103-1.jpg立派な木、ご神木かも。でも立派な木はたくさんありました。

311103-3.jpgまだまだ緑が多い静かな道、大きな木の葉が落ちたらたくさんあるモミジが
紅葉します。もう少ししたら又来たいところです。
オートバイの人が追い越して行きました。
歩いて行くとオートバイの人は休憩、オートバイを休ませているとのこと。
もう少し急になったら押していました。エンジンかけているからなんとか押せる
けれど歩くより大変です。

311103-2.jpg311103-4.jpg山頂近くになると紅葉が始まっていました。
静かな山の中を紅葉見ながらのんびり歩くのは一番の幸せ~。

311103-5.jpg着きました!! 山頂には立派な社、この山は登山と言うより地元の方の社を
守りお祭りのための道だというのがわかりました。
だから登山口の標識も道案内の標識も何にもないのが分かりました。

山頂には先に着いたお兄さんがいました。
歩いては何回か登ったけれどオートバイで登ってここでオートバイの写真を
撮りたかったのだそうです。
この前は途中で引き返し、今回は後ろタイヤを買って再挑戦とのこと。
成功おめでとう~!!

「1時間半もかかってしまった」と言うと「それは早い」と言ってくれた。
その年で1時間半は早い、と言いたかったけれど優しいお兄さんは「その年で」を
省いてくれたのかも。

311103-6.jpg311103-7.jpg下山します。同じ道を歩いても見る目の高さが違うから新鮮です。
苦しいはずだわ、ものすごい急な道。あのオートバイのお兄さんは転ばないで
ちゃんと降りただろうかと心配になるほどの道です。
車に戻るまで転んだ様子もない道でした。良かった~。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

11月になった

| コメント(2)

朝晩は寒くてストーブつけるようになりましたが晴れの日中は暖か、庭に出て
しなくてもいいような暇つぶしの庭いじりです。
夕方早めにカーテン閉める時空を見上げたら細いお月様が綺麗!!

控えめに鳴く声、台所の小窓からじっと声のする方を見て小鳥を探した。
ジョウビタキがルリビタキのために用意するエサ場の木の枝にいた。
エサはまだかな?と探しているみたいに見えた。
山椒の木にも来た。取り残した山椒の実をつっいているみたい。
出かけたら忘れずにエサを買って来ましょう。

カメムシが越冬しに部屋に入り込もうとガラス窓にくっついています。
部屋の中に入るのに成功したのもいて部屋の中をブーーンと飛び回る。
ガムテープを持ってカメムシの行方を追う日々が続きそうです。

山の紅葉

311101.jpg遠くから見ると赤く見える山々も行って見ると1000mあたりの稜線は葉が
落ちています。残っている色は柔らかでほっとする優しさです。

311101-1.jpg葉が落ちたといっても歩くところの小さい木々はそれぞれの色でお化粧。
足元に可愛い葉を見つけた。初夏のころ黄色の花がいっぱい咲いていた
ホソバイワベンケイの葉だと思います。

311101-2.jpg山頂にはなぜかハトが待っていてくれました~。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31