清津峡へ

| コメント(0)

春には中学の、そして今回は高校のクラス会が越後湯沢で。
学校の地元と東京の中間地点ということで湯沢になるのだろうか。
ただクラス会のために出かけて行くのは・・・ということでいつもどこかへ
寄り道することを考える。
今回は清津峡に行くことにしました。
17,8年前だろうか、秘境秋山郷の鳥甲山に行くときに清津峡に寄った。
高校の時によく歩いたところなので懐かしくて寄ってみたらなんとそこは
トンネルになっていた!!
閑散としていてあの渓谷美を眺められないトンネルの中を歩く気はしなくて
そのまま引き返しました。

それが最近ツアーのパンフレットでよく目にします。
何か変わったらしい。友人が言うには、大地の芸術祭の人たちが手を加えたと
言います。
どんより曇り、そして霧雨になったりする日曜日、駐車場には警備員まで出て
細い田舎道に車が走りぞろぞろと歩く人たちにびっくり。
そして入場料も!! まあ当たり前のことですが・・・

311006-5.jpg311006-6.jpgトンネルの中は暗い。足元には何もないけれどちょっと不安になる。

311006-7.jpg311006-9.jpg311006-3.jpg所々展望所があって切り立った岩を見上げる。
下をみると昔歩いた細い道のなごりが見えました。あんな細い石の上だったら
ちょっと踏み外したら落ちる・・・

311006-8.jpgそして最後のシメ、ここで終わる。
これがなかった時はどうしていたのだろう。危なくないように柵でもして突然
終わりになったのだろうか。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31