2019年10月アーカイブ

庭仕事

| コメント(0)

朝から雨、猫と遊ぼうと思っても猫は猫、ひたすら寝ています。
1日が長いなぁと思っているころ外がちょっと明るくなった。
雨が少し降っているけど濡れるほどではありません。
車で出入りするとき倒れ掛かっているコスモスが邪魔、花も終わりに近いので
抜くことにした。
シソとコスモス、引っ張っても抜けない。太いのは絶対に抜けない。
細いのはなんとか抜けるが台風の雨の後で水分たっぷり、根っこには大きな土の
塊が付いてくる。
入り口がスッキリして綺麗になった。来年からはもう花もシソも刈り取る。
やっと抜いても乾いたら少しずつ燃やす仕事もあります。
花もいいけれど後始末が大変・・・

午後は草刈り。
草刈り機の中に燃料は残さない方がいいというので今年最後の草刈りで燃料
使い切ることにします。
前はガソリンを買ってきて20対1の割合で燃料を作った。作っても作っても
すぐなくなるような気がした。昨年からは燃料を買ってきています。
5リットル缶二つに4リットルずつ入れ、8リットルあると十分間に合います。
今日は庭半分くらい刈ったのでもう一回草刈りすれば今年最後の草刈り終了!!

やれやれ・・・高齢者になるとすべてが大変。体を使うのはまだいい。
手紙などくるともう読むのもイヤ、今日は集団検診の封書が届いた。
もう申し込んだのさえ忘れていました。開いて説明を読むのもかったるい。
これからもっとひどくなっていくだろうにどうすればいいのやら。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

ストーブは暖か

| コメント(2)

朝晩は寒い。と言っても一枚羽織れば済むだけのヒンヤリですがストーブを
つけるようになりました。
ちょっと厚着すると体が動きにくいし肩が凝る。
年取ったら寒いのを我慢したくもありません。ついでにダイコン買ってきて
ストーブの上で煮ることにしました。適当に材料入れておでんもどき、ダイコンはまだ味がしみないので最後だなぁ。
ハンペンが膨らんだ。
夕食の準備でちょっと時間がずれたらハンペンがぺしゃんこ。なぜだ??

いつも思うのはコンビニのおでんはどうしてあんなにおいしのか、ということ。
はんぺんもふっくら!! でも先日のおでんのダイコンはイマイチだった・・・

先週の山歩きの後台風、そして庭の手入れでずーと家にいてあれやこれや、
今日は歯医者。家にいてたいしたことしていないのになんだか疲れた感じが
します。元気に山に行っていたほうが体が軽いです。

311018-1.jpgメイも寒いのか私の所へ来る。
モミモミしてくれるけどほんとは肩をやってほしい。

311018-2.jpgモミモミ終わりかな??

311018.jpg足の間でヌクヌク、動けなくて困るんだけど・・・

私が新聞広げて寝転ぶと必ず胸の上に乗るメイ。
私の顔の所に顔くっつけて息を吹きかける。新聞読む邪魔しているだけ??
先日も保険の人が来てタブレットを出してお仕事。するとメイは二人の間を
歩く。邪魔、と重い猫を手でどかすと二人の間に分け入ってタブレットの上を
歩いた。これは絶対邪魔してる。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

庭仕事終わる

| コメント(2)

時々手をかけていれば大騒ぎでもなかったのでしょうが3日かかった。
それでも時々知人が切ってくれたりはしていましたが・・・
チェーンソーに鉈にバリカンといろいろな道具を使い分けて、切った大きな木は
さらにばらしてその後始末も大変。

一番変わったのは大きなコブシの木と目の前のユキヤナギとレンギョウに手を
いれてもらったこと。
朝、カーテン開けると雑木林しか見えなかったのにガードレールが見えて庭が
明るくなったことです。
庭の奥の方も根元から切ったり背丈を小さくしてもらったりスッキリしたはず
ですが家の入口から見ただけではたいして変化なし。
私も小枝の運搬手伝ったりしながらたくさんあったグラジオラスもみんな
抜いた。
花も芽を出したから可哀想とそのままにしておいたけれど最後は後始末が待っています。
来年からは一部分残してみんな刈り取ることにした・・・
余計な木も相当減らしてスッキリ、草刈りも楽になりそうです。
花などがなければ「ぜ~んぶ刈って」と人に頼めるのです。

薪ストーブに使えるよね、と小枝を落として持ち上がらないような丸太の
木や太い枝を残しておいた。
若い人は元気で素早い。車で2回往復で綺麗に持って行ってくれた。
綺麗になったけれどこれから冬にかけて私の仕事はまだ続く・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

庭変身

| コメント(3)

庭の木を切って少しさっぱりとようと頼んでいた人の手が空いて昨日から始めた。
レンギョウ、ユキヤナギなど切りそろえたり短くしたり・・・
私も外に出て細かい仕事や切った枝の運搬などした。

311014.jpg花は咲くけど実をつけない大きな山椒の木を切った。

311014-3.jpg太い切り口、大きすぎてすりこぎ棒には向かない。
棘のある木、幹と葉に切り分けて扱いしやすくした。

311014-4.jpg山椒の木につく青虫を見つけた。今頃まだ青虫でいてこれからどうするのだろう。
食べるものに不自由しては可哀想と違う山椒の木に立てかけてやった。
まだ葉が青々と茂っているので葉を食べているかな、と目を懲らす。
いたいた、やっと見つけた。隠れてはいないけれど見えないものだ。

311014-1.jpg引っ越してくるときに頂いたコブシの木、この大木も切ってくれるという。
こんな大きな木、大丈夫かなぁと心配。

311014-2.jpgもうなにがなんだか・・・

311014-5.jpg山椒とコブシが切り終わってよその庭の様に明るくなった!!
大きな枝はチェーンソーで切り分けてもらって、ブルーシートに小枝などを
乗せて庭に運んだ。
何回も何回も何回も運んで庭には木の枝、葉の山ができた。
コブシの木もこれだけの物を身につけていてさぞかし重かったろうな、と
思った。
来年咲くツボミがたくさんついていて申し訳ない気分・・・

この大仕事が片付いて今度は東側の木々、でも3時ころから雨になったので
今日は中止。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

台風一過

| コメント(0)

雨風が強かったらしいですが我が家は林の山に囲まれているので風は感じませんでした。
朝日と夕日が見られない、と不満は言いませんが出かけた時に朝日や夕日を
見ると感激します。風当たりが弱いことにも感謝しましょう。

朝、雨戸を開けたら晴れの青空、台風は過ぎてしまえばウソのような静けさです。
でもテレビで見るとあちこちで水害が・・・昔を思い出します。
ちょっと雨が降るとすぐ浸水した。まわりがどんどん開発されて水の行き場が
なくなったらしくて我が家のある方に水が集中して流れてきた。
20センチでも30センチでも浸水するとその後が大変、今思うとよく片づけたと
思います。

長靴を履いて庭に出てみた。今まで普通に歩いていた庭なのに土が水分含んで
柔らか、長靴が泥んこになるだけです。うっかりするともぐってしまいます。
家の前にあるにわか池には水がいっぱい、これはよくあることで驚きませんが
庭の奥にある穴にもたっぷりの水が!!
裏の山に浸透しきれない水が我が家に流れてきた。庭にも水の流れた跡が
残っています。
我が家の前の道、車が通るたびに水の音。あちこちから流れ出てきた水が
道路を流れています。

被害はなかったけれど庭を普通に歩けるようになるのはいつかなぁ・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

帝釈山~田代山

| コメント(2)

元気な山歩き仲間さんがオサバグサ咲く帝釈山に行きたいとずーと言っています。
雨の季節だったり用があったりでなかなか思うようにいきません。
「もうオサバグサはいい、でも帝釈山に行きたい」に変わりました。
登山口まで遠いので、昨年見た綺麗な紅葉をまた見たいと紅葉時期にしました。
女二人(高齢者二人・・・)張り切って出かけました。登山口に着いたら車2台、
我々が3台目で静かな山歩きができます。

311012.jpgここから帝釈山まで0.9キロ1時間とあります。
オサバグサが咲くときは白くて可愛い花を眺めながら登ることができます。

311012-1.jpg着きました~。元気な彼女に追いつきながら歩いて1時間かかりませんでした。
ここから田代山まで50分、帰りが1時間と私の頭の中にあります。
帰り1時間また登って来るのか・・・とそれを考えただけで先に進めません
でした。ここまでは何回も来ているのに根性なしで引き返すのです。
今回は出かける時から気合を入れてきました。
登山口の案内ではここから田代湿原まで1.9キロ1時間とありました。

311012-2.jpg今年は紅葉が遅れています。登山口までのあんなに綺麗だった紅葉がまだまだ、
見下ろしてもまだまだ。それでもツツジの木が赤く紅葉、喜んで写真撮りながら
左前方を見たらはるか彼方に平らな台地が・・・
エッ?? あれが田代山? あんなところまで行くの? やっぱり帰りたい。でも
そんなこと言えません。やはり仲間がいるのはありがたいなぁ、元気出して
先に進みました。

311012-3.jpg木の間から山が見えました。「すごいね、あそこから来たんだよ~」

311012-5.jpg311012-6.jpgちょうど1時間、着きました。田代山は平らなところに山頂の標識が立って
います。
同行者は「思っていた湿原よりはるかに広くて感激~!!」でした。

311012-7.jpgオサバグサの葉が綺麗な緑色でたくさんあります。やはりオサバグサ咲く時も
こなくてはね、になりました。

静かな静かな山歩きの一日でした。








応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

休養日

| コメント(0)

朝起きたら雨、昨日の真っ青な空が信じられない天気の変わりようです。
山歩きした後の雨、晴れの日を逃さず山歩きできてラッキーといつも思う。

i.jpg農家さんにイチジクを頂いた。皆さんは甘いワイン煮を上手に作ります。
その真似はできませんが私なりに初めての挑戦。

311011-2.jpg311011-3.jpg311011-4.jpg朝、台所の小窓のカーテンを開けたら木の上から黄色のものが落ちてきた。
何?? と思ったら鳥も落ちてきた。 鳥は落ちてきたのではなく蝶を追いかけて
降りて来たようです。急いでカメラを向けたけれどお日様がなくてよく写り
ません。ヒナにエサをやっているみたいです。
親鳥の顔がなんとか見えました。ガビチヨウはこんな顔でした。
前に見たより顔が違います。オスとメスの違いかなぁ。

311011.jpgメイは時々居場所を変える。いつもの所が暑い時はここがいいのかも。

311011-1.jpgノラが居ない時は外に出る。メイちゃん、と呼ぶと寝転んで撫でるのを催促
するようなかっこうします。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

那須の紅葉

| コメント(2)

テレビや新聞で那須の紅葉の名所・姥が平が一週間ほど遅れて見頃とのこと。
台風も来るし今日が晴れなので混雑覚悟で出かけました。
一番上の峠の駐車場もロープウエイ乗り場も、ちょっと大変だけれどこうなったら
大丸から歩いてもいいや、と思っていた大丸も満車とのこと。
8時からロープウエイの駐車場が開く。小さい車、どこかに突っ込めたら、と
上に向かって走ると、なんとまぁ!! ロープウエイ駐車場に入り始めた車に
続いて滑りこめました。ラッキー!! まさかここに入れるとはね。

ロープウエイ乗り場は人でぎっしり、どの行列が切符買う列かわからない。
臨時便が出てすぐ空いてきた。

311010.jpg年に一度ロープウエイに乗る。牛ヶ首に行く途中のこの谷間の紅葉が楽しみ。
今年はちょっと色が鮮やかさに欠ける感じです。
紅葉が一週間遅れと言いますがダケカンバなどはもう葉も落ちて黄色の色が
なくて残念。

311010-1.jpg細い登山道、ぞろぞろと人の行列で思うように歩けません。
歩いては眺め、立ち止まりながら眺める。平日にこれだけの人がどこから
来たのかと思う。あまり歩かない人なのでしょう、息ハアハアが聞こえてきます。

311010-2.jpg混雑する姥ケ平を避けて静かな南月山へ向かう。
振り返ると雲一つない青空に茶臼岳。

311010-3.jpg311010-5.jpgやっぱり静かな道はいいね。同じのんびりでも静かに歩けるのはいい。

311010-6.jpgやっぱりコースを変えて正解、静かな山歩きができた。と思ったけれどただ
時間が早かっただけみたいでした。
引き返すころにはどんどん登って来る人が多く、すれ違いも道譲り合って
大変でした。

それでも下山の終わりが近づくころはまた静か。
朝日岳の紅葉もこれからもっと赤くなりそうです。

311010-7.jpg峠の駐車場に着きました。もう帰った車もありあちこち空いていた。
朝は大変だったらしく、車一台通れるだけ空けて駐車スペースでないところも
車が並び、路上にもちょっとの隙間にも車が突っ込まれていた。
今日はロープウエイに乗ったので下山が楽でした。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

75歳のクラス会

| コメント(4)

これが最後かも知れないから皆さん杖ついてでも参加を、の案内でしたが
全員参加を期待したわけではありませんが少人数でした。

311006.jpg311006-1.jpg新幹線は2階建て、上の座席に座るといつもと違って高いところからの眺め、
刈り入れの終わった田んぼでも黄色を眺めるのはいい。
野菜畑も現れ目を懲らすけれど何なのか分からない。
新幹線は早い。雨が降っていたかと思うとちょっと走るだけで青空でたり
又雨になったりと忙しい。

311006-2.jpg東北新幹線・大宮で上越新幹線に乗り換え、越後湯沢に着いてほくほく線に
乗り換えします。
たった1両の可愛い超快速スノーラビットに乗り換える。
友人の近く駅は通過するので十日町で友人と待ち合わせです。

311006-10.jpg友人ご夫妻さんと清津峡散策、そして十日町に戻ってきました。
十日町で食事といえばご夫妻さんお気に入りのこのお蕎麦屋さん。
「今日のお蕎麦は特別おいしいね」と私。
毎日打つお蕎麦、やはり天気とか温度、湿度に左右されるのかも、と通ぶった
話・・・

311006-11.jpg友人宅で時間を過ごし、夕方になったので湯沢のホテルに向かう。
そうか、ひらがなだったのか。ネットで「新座」と入れて時間を調べようと
すると埼玉県あたりの「新座」が出てどうしてもだめだった。
片岡鶴太郎さんの字だという表示がありました。
無人駅で電車の乗り方の説明がありました。こちらの那須でもワンマンカーと
いうことで自分でドアボタンを押してドアを開けるのを知っているから大丈夫。

311006-12.jpg







応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

清津峡へ

| コメント(0)

春には中学の、そして今回は高校のクラス会が越後湯沢で。
学校の地元と東京の中間地点ということで湯沢になるのだろうか。
ただクラス会のために出かけて行くのは・・・ということでいつもどこかへ
寄り道することを考える。
今回は清津峡に行くことにしました。
17,8年前だろうか、秘境秋山郷の鳥甲山に行くときに清津峡に寄った。
高校の時によく歩いたところなので懐かしくて寄ってみたらなんとそこは
トンネルになっていた!!
閑散としていてあの渓谷美を眺められないトンネルの中を歩く気はしなくて
そのまま引き返しました。

それが最近ツアーのパンフレットでよく目にします。
何か変わったらしい。友人が言うには、大地の芸術祭の人たちが手を加えたと
言います。
どんより曇り、そして霧雨になったりする日曜日、駐車場には警備員まで出て
細い田舎道に車が走りぞろぞろと歩く人たちにびっくり。
そして入場料も!! まあ当たり前のことですが・・・

311006-5.jpg311006-6.jpgトンネルの中は暗い。足元には何もないけれどちょっと不安になる。

311006-7.jpg311006-9.jpg311006-3.jpg所々展望所があって切り立った岩を見上げる。
下をみると昔歩いた細い道のなごりが見えました。あんな細い石の上だったら
ちょっと踏み外したら落ちる・・・

311006-8.jpgそして最後のシメ、ここで終わる。
これがなかった時はどうしていたのだろう。危なくないように柵でもして突然
終わりになったのだろうか。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

日々いろいろ

| コメント(2)

夜明けは遅くなり起きるのは6時前、朝晩は肌寒いほどです。
そうだ、庭に出るのはこの肌寒い位の時が一番、と思いついた。
身支度して栗拾いに庭に出る。
昔々の子供ころを思い出しました。夜中に風が吹くと小さい子供たちは自分から
起き出して栗拾いに行くのです。
ちょっと遅れても大丈夫、明るくなりかけてくると先に行った子供が見つけ
なかった栗が見えるのです。
昔の田舎の子供たちはたくさん拾った栗で喜び、また明日も行こう、と思うのです。
栗の木全体のイガか開きかけてくると栗の木の持ち主が木に登って枝をゆする。
ゆすり終わると家族みんなで栗を拾い集める。この時はよその人は来ません。

今日は朝から雨、時々強く降る。
朝、友人がちょこっと家に寄る。
「お天気のいい日に山歩きして良かったねぇ、又晴れるといいね」。
土日に若い仲間と山歩き、一日目は目いっぱい歩いて疲れた。
火、水と最高の天気で続けて山歩きした。お互いに元気だこと!!
もう帯状疱疹の後遺症はすっかり消えた。あともうちょっと足の筋肉強化!!

鮭が届いた。
狭い台所と小さいまな板、包丁を研ごうとよく見たらそんな使わない包丁の
刃が欠けているところがある。
まな板の上に新聞紙を広げ、軍手をして解体作業しました。
見栄えは悪いけれどなんとか終了。早速焼いて食べました。
いつもは寝ていて知らん顔のメイが近寄ってくる。やはりいい匂いなんだろうね。

庭の草もまだ元気、だけど夏ほどの伸びる速さはないような気がします。
11月には枯れる、というのであと一回くらい草苅すれば今年の草との戦いは
終わりそう。
キュウリもオクラもそろそろ終わり、植えられているのはニンニクとラッキョウ
だけ。もう来年からはあの花とこの花は止めよう、なんて思いながら庭を
見回す。
近所の人に木を切ってほしいと頼んであります。冬は何にも感じませんが
葉が生い茂るとうっとうしくて我慢できない・・・
農家の人が「屋敷もいんねぇ、花もいんねぇ、木もいんねぇ」と言った。
本当にその通り。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

秋~

| コメント(2)

どんなに暑くてもちゃんと秋が来るね、と青空の下紅葉を見ながら歩く。
元気で歩けるっていいね、近くに山があるっていいね、こんなに天気が
いいのに家になんていられないね、と足よりも口が止まらない。
紅葉は短い。晴れた日を逃し雨が降ったり風が吹いたり用事があったりと3,4日
遅れたらもう紅葉は全然違っています。

311002.jpg311002-3.jpg食べられるものと食べられない物。
今年もキノコを期待したけれど食用キノコほんの少々だけでした。

311002-1.jpg311002-2.jpg展望のない林の中も目を楽しませてくれるものはたくさんあります。

311002-5.jpgこの青空!!  そして色とりどりの木々。

311002-4.jpg初夏のころ、超地味な花をつける。こんな色したのを見たのは初めて。

311002-6.jpg自然が作った松、庭師さんでもこんな形は思いつかないかも、と眺める遠くに
綺麗な紅葉がありました。

311002-7.jpg午後の帰り道で見た景色、午前中に見たのと全然雰囲気が違う。
キラキラ光る笹の葉、これも鮮やかはないがいい景色。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2019年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31