敬老会案内状

| コメント(4)

同じハガキが2枚届いた、と思ったら母と私宛の2枚だった。
親子で敬老会に来てください、ということみたいです。めでたいことです・・・

今年から祝い金は出ない。祝い金対象者は別途案内状を送る、とある。
今年からはほとんどの高齢者が祝い金なし、高齢者が多くなって町も大変
なんでしょう。
母に「100歳まで生きると祝い金が出るらしいから頑張って」と言ったらそんなに生きるのは嫌だと言った。

敬老会はどんなことするのかな、とハガキをながめた。
受付は地区の集落センター、式典は那須町文化センターとあります。
集落センターに集まって参加者を車で文化センターまで連れて行ってくれるのかしら・・・
地区の集落センターと言っても田舎は家がポツポツと離れている。
私が歩いて行っても田んぼや林、登りの坂道などあり15分から20分はかかる。
歩くのが大変な高齢者は家族に送ってもらうしかありません。
そして文化センターに移動していろいろの人の挨拶を受けて又戻って来る
のだろうか。
食事が出るとか、オヤツ程度でいいけどお土産が出るとかないのだろうか。
那須町も広い。那須高原の上の方から、あっちの方から、こっちの方からと
どのくらいの高齢者が集まるのだろう・・・

コメント(4)

敬老の日
が近くなりました。
こちらは75歳以上の人が祝って貰えます。
市からは「お薬券」と「商品券」
自治会からは「菓子折り」
みんな集まっての、敬老祝賀会はありません。
高齢者が多くなって、世話する人が大変のようです。
元気で親子で敬老されるなんて、シアワセですね。

お薬券とはいいですね。
今までは?千円の祝い金が出ましたが今年からは
何もないようです。
高齢者が式典に出席するのは難しいと思うのですが・・・
それより菓子折りでいいです。

木もれ日の下せせらぎの流れに耳をかたむけ、散策いいです、過ぎ去った遠い日が思い起こされ心があらわれるようです。適度は無理をしていないということです。

適度は無理しないこと、ですか、分かったようで
なかなか難しい・・・8月一か月ほぼぐうたらしていました。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2019年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31