初歩き

| コメント(2)

那須の山は風が強い予報で正月の山歩きは諦めました。
茨城県の里山でいい、軽く歩くだけでいい、と穏やかな山歩きに出かけました。

310102-7.jpg大子には年に何回も行くけれど行く山は決まっていました。
今回は初めての山、車を登山口よりちょっと離れた場所に止め、車道を歩く。
国道のところにちゃんと看板がありました。人家の脇を通り裏山に入っていく
感じです。
でも山に入ると穏やかさはどこへやら、道は急で落ち葉で滑る!

310102-6.jpg細い尾根のアップダウンになった。両側には木はあるけれど覗き込むと絶壁に
近く落ちたら下まで・・・
岩があるところはまだいい、落ち葉と落ち葉の下は細かい砂利混じりの土で
ズルズル滑る。でもこういう登りはだらだら登るのと違って体は疲れません。

310102-1.jpg歩き始めて約1時間、展望のいいところへ出ました。
頂上にもう着いたかと勘違い、やっぱり里山は簡単、ではなくここは展望台で
眺めはいい。同行者が写真撮る足元みると怖い。
落ちないように気をつけてね、と思わず言ってしまう。

310102.jpg展望台の向こうに山が・・・えっ、あれが山頂??!!
谷の向こうみたいで少し下ってから登らなければならない。
下調べしてきた地元の同行者が「あと70分だね」と簡単に言う。
行くしかない。
仲間がいるのはいい、一人だったら引き返したかもしれない。

310102-3.jpg着いたぞ~~!! えっ、こんなに大変だったのにこの高さ?・・・

風の来ない陽当たりのいいところでお昼ご飯。

下山は今来た道は危ないので反対方向へ下山することにしました。
反対斜面にはイワウチワと思われる葉が群生していました。
花が咲くころ絶対にこようね、こちらから登れば簡単よ!!
危ないところもないし簡単でした。
山歩きが終わって車道歩き。車道歩きはあまり好きではありませんが
初めてのところなので物珍しく静かな田舎の里歩きで良かった。

310102-4.jpg立派な無人駅に着きました。
電車は暫く来ません。仕方ないからのんびり待ちます。
地元の同行者は「電気はないから電車じゃない、汽車だ」と言います。
「一駅、汽車に乗るのね!!」 「小さな旅だね」 とオバサンたちは喜ぶ。
ホームに出て知らないお客さんたちと、電車の乗り方の説明を読む。

あれ? 電車じゃない、なんて書いてあったかなぁ・・・

そうだ、ワンマンカーの乗り方、だったような気がします。

310102-8.jpg来た、来た、来た~。 こんなに喜んで子供みたい。


コメント(2)

初登り、しましたね!
冬は空が澄んでいるので、遠くの景色がよく見えていいですね。
小鳥のさえずり、落ち葉ふみふみ。

今日も午後に那須の山がとても綺麗に見えました。
いつ那須の山に初登りできるか楽しみです。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31