2018年7月25日アーカイブ

唐松岳へ

| コメント(2)

昨年に続き一泊の夏山です。
朝5時に集合、元気な人が車運転で予定より早く現地着。
ゴンドラ、リフトを乗り継いで10時に歩きだしました。
早い歩きだしであわてることもなく気分は楽です。

300724.jpgう・・・ん、残念。天気はいいけれど白馬三山は映りません。
ここまでは1時間ちょっとなので人も多いです。ここでお昼の予定でしたが
歩きだしが早かったので人込みを避けて先に進みました。

300724-1.jpg心残りの八方池、振り返っても山はガスに隠れたままです。
ここでスッキリ晴れた山が映ったのを見たら悔しい・・・

300724-5.jpgこの山が好きなのは一泊で行けること、苦しい登りでも花たくさん咲き
展望がいいことです。

300724-7.jpg現地で合流予定の友人は先に歩きだしました。
どこで追いつくかな、と思ったのに山小屋に着いていました~。
昨年に比べたら元気になられて体力がつきました!! 嬉しいことです。
一休みして頂上へ。

300724-8.jpg
夕日が沈むのを眺めようと外に出る。雲海が綺麗でしたが寒いので小屋に戻る。


300725.jpg唐松岳の向こうに夕日が沈むのを部屋の窓から眺めます。

アルプスデビューの人と2回目の新人さん二人はまだまだ変化する山の景色に
期待して小屋に戻りません。
戻ってきたときには自力で体温が戻らないほど冷え切って・・・
部屋は女性部屋と男性部屋に分かれていました。
2段ベッドで向かい合って上下4組の登山者。なんだか我々が一番うるさかった
ような気がします。それくらい笑い転げて・・・






応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31