春山へ一日目

| コメント(2)

一日目は登山口の一軒宿まで行けばいいので旅行気分です。
と言っても今回は電車で松本まで、そこで車の人と合流するので家を出る時から
もう登山スタイル。
里は春でも山は荒れれば冬、と言われているのでアイゼン、スパッツ、防寒着と
山小屋で寒くないような下着も用意、荷物は大きくなります。
ザックにストックをくくりつけオバサン二人は勇ましく新幹線に乗る。

松本で車の人と合流、宿までは車でないと不便なので助かります。

ro.jpgいつもは山を目指し、下山すればまっすぐ帰るだけ。今日は宿までなので
時間があります。
お願いして碌山美術館に寄り道してもらいました。
この前行ったのはいつだったかなぁ・・・
草木が生える庭に静かにたたずむこの雰囲気が好き、展示されている作品も
忘れているので何回行ってもいいです。
「あっ、あった」と一点だけ覚えているのがありました。「デスペア」です。
一緒に行った友人が感動したので覚えています。
あのころの彼女は悩んでいたのだろうね。女の絶望を表すこの作品をまた
一人で見に行ったといっていました。

宿への細い道をくねくねと走る。雨です・・・
折角の宿なのに雨で露天風呂巡りはできませんでしたがそれでも4種類の
温泉に入りました。

明日はどうしようねぇ・・・
燕岳はあこがれの山だからできれば登りたい、と一人。
仕事を休んできた彼女も初めてのアルプス、山小屋デビューで期待大。

土砂降りでなかったら翌日の晴れを期待して頑張ろうか、と決定して寝ました。

コメント(2)

美術館、めったに入る機会がない中素晴らしい作品拝見できて感謝です。

美術館もたくさんありますが、わざわざ美術館目指して
出かけるのことはなかなかありませんね。
ちょこっと寄り道、もうけた気分になります。

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2018年5月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31