2016年12月22日アーカイブ

先生はお元気

| コメント(2)

今日は母を眼科へ連れて行く。
飲み薬は入所施設で職員が管理してくれています。目薬も初めは職員が面倒みていてくれましたが
本人に点眼させることにしました。
薬は3種類。両目に1回と2回、右目に4回、これを職員が忘れないでみるのもたいへんなことです。
すべて人任せではボケが加速します。
せめて目薬は自分でつけなさい、それくらい考えた方がいい、と言い聞かせて・・・

目薬の袋に、「両目1回」 「両目2回」 「左目4回」と書いて渡すけれど受け取ってすぐにこれはどっち?と
聞かれる。

いつもは患者のいない眼科、珍しく患者がいました。
診察室の中から笑い声や話し声が聞こえてなかなか進みません。
一緒に待っている患者さんが「もう通って2年になるけど患者が待っているのは初めて」と言いました。

雑談しながら前から気になっていた先生の年を聞いた。
人の年はそんなに気にしたことはないのですが、とても元気な先生の年はどう考えてもわかりません。

もう90くらいらしいよ、昭和2年生まれだって前の看護婦さんが言っていた」という。

えっ~!! ほんとに、えっ??!! です。
背筋がぴんとして元気、母と3歳くらいしか違わない。
耳も遠くないししゃべる声は大きくハキハキ、怖いくらいです。

救急車のサイレンがなって近くでとまった。
先生が診察室から出てきて外まで見に行った。野次馬根性でもいい、何にでも興味を持って行動するのが
若さの秘訣、とどかで読みました。

なるほど~!!



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31