見つけた!!

| コメント(2)

出かけるとあちこちにある直売所や道の駅に寄るのが楽しみ。
今回はポポーを見つけました。

DSCN3530.jpg迷わず手を出す。食べるのはこれで2回目、検索すると明治時代に日本に入って
来たらしく昔からあったみたいです。

281013.jpg友人がサルナシを採りに来ました。散らかっているけどまあどうぞ、と部屋へ。
テーブルの上に広げられているポポーを見て「あっ、アケビだ」という。
ブブー、違います。
みんなも初めてなので味見をしてもらいました。
ポポーを検索、ローガンがなくても文字を読める人が声に出して読む。

アメリカでは「カスタードアップル」と呼ばれ、その他にも「貧乏バナナ」ともいわれるとか。
バナナを買えない人がこれをバナナの代わりに食べたというのでしょうか。
栄養価がとても高く美肌や免疫力を高める効果があるといいます。
美肌、の言葉に一斉に反応する・・・だから小さいのを一つずつお土産に!
もっと買ってくれば良かったかな。 すぐ熟すから保存が難しいらしいですが冷凍保存
もできるとか。いくら美肌にいいと言っても1回や2回ではねぇ・・・

コメント(2)

ポポーGET、おめでとうございました。
5個で300円とは、恐ろしくお安い値付けですね♪
きっとこの生産者さんは、世にポポーという美味な果実のあることを知ってもらいたいだけで出荷されている感じのポポーの伝道者のような気がします。
味も食感も好きですが、なんといってもあの甘ったる〜い匂いがたまりません。
我が生まれ故郷の道の駅でも、秋になるとポポーが少量販売されているようです。
きっとそのポポーは、僕が子供の頃にいただいていたお宅のポポーだと思います。
あのポポーは、終戦後まもなく、そのお宅の人が農業研修で渡米し、そのお土産に現地で苗木だか種だかをもらって帰国し、育てたものと聞いていました。
ポポーも今では何種類かの品種に枝分かれしているようですね。

ポポーを教えてもらったのは夢パグさんからでしたね。
見たことも食べたこともないポポーにはあこがれました。
ベランダ苗のポポーはどうなったのかしら・・・
我が家も1本育っていますが花が咲くまでにはまだまだ・・・
接ぎ木で苗を買うと2,3年で実をつけるらしいですね。
やっぱり貧乏人のバナナと呼ばれている、とありますね。

コメントする