2016年6月11日アーカイブ

暑いけれど晴れ、山!!

| コメント(2)

暑かった。
山はきつかった。
家に帰ると何をする気もなく寝転んで新聞広げた。
ようやく起き上がり3時半ころお風呂に入る。
風呂上がり後しばらく汗が顔を流れる。
5時過ぎてようやく涼しくなってきました。

サンコウチョウが鳴いた。
ツキヒーホシホイホイホイ、というのだそうです。わかりやすい鳴き声で姿は見えませんがウグイス同様、鳴き声ですぐわかります。
そういえば今年はサシバが来ないのか鳴き声を聞きません。

白笹山へ
那須の山へ行くかなぁ、でもまだ力の入らない足では転びそうだなぁ・・・と思っていたら
一緒に行く人が現れました。一人では絶対に行きたくない山に向かいました。
一緒に行く人はまだ白笹山には行ったことないから一度行きたいと言います。
山頂は何にもないよ、と念を押して出かけました。

280611.jpg林の中をひたすら登ります、それもきつい登りです。
一瞬駐車場方面が見えました。展望のきかない登山道はこれだけで嬉しいものです。

280611-1.jpg今年はシロヤシオの咲き年だったのでしょう、散った花が道にたくさんありました。
元気だったら早く来たかった・・・

280611-2.jpg見上げればまだ花も残っているころがありました。

280611-3.jpgほらね、ここが山頂、何にもないでしょ。昔は背伸びすれば少しは下の方を
眺められた。木が伸びて何にも見えません。
3,4年前は1時間半で登り、ちょこっと行くにはちょうどいい山だったのに
今回は2時間かかり、段差のきつい急な登りできつい山になってしまいました。

280611-4.jpgいろいろなツツジの木が伸びてその間を歩く。秋の紅葉は綺麗でしょう。

DSCN2835.jpg山頂では袋はパンパン。昨年の北穂高の山の写真で顔がむくんでいた。
私の顔も膨らんでいたのだ。

280611-5.jpg下山後登った山を見ながらお昼。あの山だもの2時間かかるよねぇ、と慰め合う。
下山は力の入らない膝がさらに力が抜け、膝が笑う、状態。
きつい下山でした。2時間ちかくかかりました・・・

山では人間一人しか会わなかったのに長いのに2匹あった。
私の予想通り行きたくない山が証明されました。
私の先を行く同行者、「見つけられなくて何の役にも立たなくてごめんね」と言う。
気にしない人は足元にいても気が付かないで歩くのです。
蛇がいても見なければ「ヘビなんていなかったよね」になります。
うらやましい限りです。
見た時は悲鳴を上げてしまいますが前を歩いてくれるだけで心づよいのです。
ありがとうね。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31