2016年6月 8日アーカイブ

油断禁物

| コメント(4)

朝、友人からメールがきた。
「今○○整形外科にいるの、やっぱり骨折だって・・・どうりで痛いと思った」

その人は数年前も骨折した。
きつーーい靴下を履くため、ベットに足を乗せおもいっきり両手でひっぱったら
手が靴下から外れて後ろを倒れたという。
3日くらい痛い痛いと言いながら過ごしたけれどとうとう動けなくなったという。
今回も似たような話。
ゴルフに行ってカートに乗ろうと片足乗せ、何か落ちたのを拾おうとしてこけて胸を
カートのどこかへぶつけ胸骨とやらにひびが入ったとという。
あまり痛いのでまた受診、それがヒビではなく骨折だったらしい。

だから、二つのことを一緒にしようとしてはいけないって、と自分の経験に合わせて
言いました。
冷蔵庫から二つのものを重ねて出せば必ず一つを落っことす。
ご飯の用意をしてお盆にいっぱい乗せては戸にぶつけて落とす・・・
狭い家の中、5,6歩あるけばすむことなのに横着して一回ですまそうとしては余計な
仕事をつくってしまいます。
そしてさらに追い打ちをかけてとどめをさす。

胸をぶつけて骨折って胸の谷間をどうやって骨折するの。胸のふくらみはないの?!」

肋骨などもそうだけれどベルトみたいなものを巻いて安静にしているより仕方ない。
先日行った美容院の先生も肋骨を傷めた時そのベルトがどうしても具合が悪くて
巻けなかったという。あの先生は肉がないからベルトの何かが痛かったらしいです。
「仕方ないから腹帯のさらしを巻いたのよ。そしたら寿の字があって・・・」と笑う。
骨折して寿ではねぇ。



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31