母、生還?!

| コメント(4)

高齢な母は「生きているのも楽じゃない」と言います。
そうだろうなぁ・・・見ていてもそう思います。
78歳の伯父が昨年の秋「生きているのも楽じゃない」と元気に言った。
78歳で元気でもそう思うのだから母の大変さはわかります。

今は高齢者も体力があるし食べられないと点滴があり枯れるように老衰は難しいらしいです。

もうほんとにいつまで生きているのだろう、という母、いいじゃないの寝たきりでもなしトイレにも行けるし
食べられるのだから、といつも同じことを言う私。
その母が先日意識がなくなった。
脳梗塞か・・・このまま一週間くらい眠ったまま苦しみもせず旅立てたらこんないい死に方はない、と思った。
死んでいいというのではないけれど寝たまま目が覚めずに本人の知らないうちにあの世へ、ができたらこんなに
いい死に方はありません。
朝起きてこないので起こしに行ったら死んでいた、そんな死に方をしたいといつも思っています。

脳梗塞ではなかった。低血糖の意識不明でした。
糖尿病の薬がたくさん出た。知人に糖尿病の人がいて低血糖の怖さを聞いていました。
母も時々気分が悪いと言います。
低血糖が怖いからお昼の薬は飲まなくていい、そんなに真剣に飲まなくていい、と言ってあります。
血糖値が高くて合併症を心配するより低血糖の方が怖いからすぐ飴なめてよ、と飴だけは切らさないように
していました。それは昼間起きているときの話で寝てから低血糖になったのではどうしようもありません。

意識が戻った母は「なんでパジャマ着て病院にいるのだろう、ちっとも知らなかった」と言います。
意識がなかったのだからそれは当たり前でしょ。

食事の量が少ないのに薬が多すぎたみたいで数種類の糖尿病の薬うち一種類みんな引き上げました。

薬局に行って栄養バランスのいい飲み物と高カロリーのゼリーをいっぱい買ってきました。
食欲ないときはこれ飲んでもらいます!!

コメント(4)

お母さん、
大変でしたね。でも、えみさんが近くにいらして
お母さんはお幸せです。

私の姉も糖尿病です。えみさんのお母さんのように歩けると良いのですが、
あるけません。だから、病院にいます。
私が行くと、喜びます。でもね。姉の大変な様子やグチに引き込まれて、
とっても疲れ、夜眠れなくなるんですよ。

かなさん、入院していても低血糖で意識がなくなったりする人も
いるそうです。怖いですね。
元気が一番、つくづくそう思いますが誰も病気になりたくてなったわけではありません。
病気で思う様に動けない人が一番大変です。
グチを聞いて疲れたら睡眠導入剤の世話になりましょう。

低血糖か?
気を抜けないですね
えみさんの介護疲れも心配になります

ラッキーさん、ご心配ありがとうございます。
寝たきりでないしボケてないしありがたいですよ。

コメントする