郵便局で

| コメント(2)

小さいハカギ一枚のために迷惑かけてしまった。
サイズがハガキサイズではなかったので料金を聞きたかった。
窓口にいた女性はサイズを測るものを持って悩む。そして奥にいる年上の女性のもとへ行く。
その女性も頭を傾けて悩む。

そして更にその奥に座っている上司と思われる男性の所へ・・・そして男性もそのハガキを持って悩む。

「あのー、なんだったら幅を少しカットしてもいいですけど・・・」と見かねて言った。

カットすると小さくなって・・・と言う。小さいなら文句ないと思うのですが。

「これを封筒に入れると定型料金でいいのですが・・・」という。

そしたら定型料金でいいのでないかと思うのですが、私には理解できませんでした。

小さいハガキ一枚で3人の手を煩わせてしまいました。謝ることではないけれどゴメンナサイ。

コメント(2)

昔、中学生の頃、ラジオの深夜放送にリクエストはがきをしょっちゅう出していました。
その時、定型郵便物・定形外郵便物なる区別があることを知りました。
たとえば、ウチワ型はがきとかもOKだったはず。
官製はがきより、サイズが大きかったり、小さかったり、あるいは変形はがきだったりすると、DJの人の目にとまりやすいというので、わざとヘンなサイズのはがきを画用紙で作って送っていました。
そして実際に、そういうはがきは採用される確率が高かったと記憶しています。
定型・定型外のサイズ制限はこちら↓に出ています。
http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_size.html
局員のかたがなにを悩んでいたのか、ちょっと不思議です。定型料金におさめてあげようとして、悩んでいたんでしょうかね。

夢パグさんは中学生のころからもう書くことが
得意で好きだったのですね。
何で悩むのか、不思議です。定型におさめようとしたわけでもなさそうで
どこの部類に入るか悩んだみたいですが・・・

コメントする