初歩き

| コメント(4)

明けましておめでとう、と言ったと思ったら正月も終わる。
穏やかな正月3が日でした。
天気がいいというので初歩きに出かけました。

DSCN1669.jpg雪が少ない。石段の石が見え、車道は雪が解け始めて水になって流れています。
歩きだしには風があったけれど坂を登れば暑くなるだろうと防寒着もしまい込んでフリースを羽織っただけで
歩きました。

DSCN1672.jpgいつもならこの鳥居の下は雪がいっぱい積もっていて通れません。
ちょっと歩いてはフリースも脱ぎ、また歩いてはネックウォーマーを外し、また歩いては防寒手袋を換え
誰もいない山を気ままにゆっくりと歩く。

DSCN1674.jpgそして風の強い場所に差し掛かる前にフリースを着、ちょっと歩いては低体温症にならないうちにとザックの底から
カッパを出してはおり、そして風が本格的になるとマフラーで帽子の上からほおっかむり。
手袋も防寒用に換える。
この風の強い中、高齢者オバーサンが風にあおられてよろよろと歩いていては「こういうのが遭難や怪我を
するんだよ」と思われはしないかと顔を見られないように下を向いて歩く。
下を向くというより風の抵抗を少しでも少なく、と姿勢を低く頭を下げているのですがね。
思われはしないか、と言っても殆ど人とすれ違いません。
すれ違ったのは一人歩きの男の人4,5人と若い元気なカップル2組でした。女の一人歩きはいません。
この正月に一人風に吹かれて歩く姿はよっぽど家に居られないか、家で一人でさびしいか、そんなふうに
見えそうです。

DSCN1677.jpg風が強いので今日は山頂は諦めました。1時間半歩いたので歩き始めとしてはこれで十分でしょう。
避難小屋で早めのお昼と休憩にしました。
若い男性が入ってきました。山頂からぐるりと一周してきたとか、吹き溜まりがあったりで大変と言っていました。
いい物着ているなぁ、と目はそっちへ・・・
そしてまた長身の若者が入ってきました。上から下までバッチリの服装、荷物を見ると装備もすごい。
三本槍へ行こうとしたけれど雪が深すぎてだめでしたとのこと、若者はいいなぁ。

最初は風の唸りに小屋の中にいても怖いほどでしたが、少しはおさまってきたみたいなので下山の準備をする。
外に出て上を見上げると岩が真っ白、15分くらい登ればあれが見られる・・・と1,2歩足を上に向けたとき又
突風が・・・やはりやめた。今日はここまでと決めるともう上に行く気力はなくなる。

DSCN1678.jpg下山を始めてからだんだん風が弱くなりはじめました。下界に近づいたからかと思ったけれど山を振り返ると
雲はなく晴れて穏やかそう、車の所も風はなかった。
あ~ぁ、残念、30分くらい時間がずれていたら山頂に行かれたかも・・・
天気は午後になるにつれて良くなってきていた。まっいいか、そのうちまた。

コメント(4)

えみさん おはようございます

>15分くらい登ればあれが見られる・・・と1,2歩足を上に向けたとき

よくここで 引き返しましたね

何度も 歩いてきた道でも 風には 要注意ですよね

八甲田山でスノーモービルで遊んでて

岩木さんに雪雲がかかったのを見て 急いで下山準備にかかったけど

車にたどり着く前に 襲われたのを思い出しましたよ

ラッキーさん、雲を見て判断、大事なことですね。
山でもカミリが怖いです。昨日は天気が良い方へ・・・残念でした~。
また行く機会を貰ったとよろこぶことにします。

歩き初め☆おめでとうございます!
昨日から今日は4月の陽気だと天気予報で言っていましたが、山の上はそんなに強風だったのですね。
えみさんはベテランだからお天気の判断もつくのでしょうね。
頼りにしています!
身体に気をつけて今年も沢山歩いて下さい。

10月の強風を思えば登れたのですが冬なのでね、何かあってからでは
遅いので・・・
風さえなければ登りやすい山なんです。
かえって3月頃の雪解けの方が雪解け水が凍ってツルツル危ないです。

コメントする