2015年12月 6日アーカイブ

暇つぶし請負人?

| コメント(0)

先日、仕事が休みになったから一緒に山に行きたいと電話があった。
それなのに3時までに家に帰りたいという。それじゃ1時半にはもう歩き終わらなければなりません。
たいした山ではないからできないことはないけど時間を気にしながらなんてイヤ!!
「それじや無理だから」と断った。急にあいた時間つぶしに利用される?。

「ヒマなのよ、みんな忙しくて都合つかないから・・・」と電話してくる人がいます。
私ならいつもヒマしているのがわかるのでしょう。

昨日午後、コタツにもぐりこんで本を読んでいたら誰か外で声がしました。
戸を開けると私がいないと思ったのか帰ろうとしているところでした。
甘いお菓子を持ってきたのでお茶飲み。これといった用があるわけでもありません。
やはり退屈して暇つぶしにきたのでしょう。
最近ボケちゃって、という。確かに・・・でもボケとはちょっと違う感じで記憶が飛ぶというか思い出せないと
いうか、そんな感じです。
「今朝、出かけて帰ってからタイヤ交換した」というのです。出かけた先が思い出せない。
買い物? いや違う・・・
病院? いや違う・・・
友達のところ? いやそうではない・・・
じゃあどこだろうね、と考えても見当もつきません。そのうち話の合間に突然「ぁっ、そうだ、散歩だった」という。

昨夜11時前にそろそろ寝ようとしたら電話。こんな夜中は間違い電話かワンギリか、と思ったけれど
一回で切れなかった。
「もしもし、もう寝ていた?」という。寝ていたら電話には出ないよ。
「こんなに遅くどうしたの?」と聞くとヒマだからという。
こんな時間に電話したら眠れなくなるかね、と一応気をつかっている感じはします。
とりとめのない話でヒマをつぶす。
ちょっと頭が重いから薬飲んで寝ようと思っていたから薬をのんで寝ました。

暇つぶしでもいいや、ヒマな時あのヒマな人は何してるかな、と思い出してくれるだけでもいいことにします。

薬を飲んでぐっすり眠りました。
目が覚めたら7時をちょっと過ぎていました。
7時半ころ朝ごはん食べようとしたら玄関の戸を叩く音がしました。
「7時ころ水汲みに行きながら見たらカーテンが開いていなくて心配した」と水汲みの帰りに寄ってくれました。
こちらは独居老人見張り隊みたい。感謝しましょう。

昨日は暖かだったのに散歩しなかった。今日は散歩するぞ!と気合。でも外を見ると雑木林の枝がユサユサ
揺れています。相当風がつよいです。
風が強くて散歩できなかったら山には行けません。やっぱり気力です。気力さえあれば風が吹こうが
落ち葉が舞い飛んでも体ごと飛ばされそうになろうが散歩できます。

P1100244.jpg帰り道、ダイコンとサトイモを頂きました。持って帰るのは大変だからダイコン1本ででいい、というと車で
送ってくれました。それでも散歩したことにします。





応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31