雨・・・

| コメント(0)

梅雨入りと発表されたとたんに朝から細かい雨でいかにも梅雨らしい。
肌寒さもあって重ね着、だから私はストーブを片付けない。これはただ単に不精しているだけですが・・・

DSCN0392.jpgメイは家から出たり入ったりとうるさい。そのたびに私をこき使う。
この前の写真整理の続きを思い出して始めました。たっぷりヒマでないとなかなか落ち着いてできません。
雨の一日は暇つぶしにちょうどいいです。
外から帰ったメイ、ここは私の場所よ、と言わんばかりに私のお尻の狭いところへ無理やり入ってくる。
ふだんは近寄りもしないくせに猫は勝手です。

一昨日の夜もメイは外にいると思って部屋の戸を開けて寝た。
夜中に「ニャッニャッニャッ」と入口で鳴いて、入りますよ~、みたいな合図。
いつもは私の部屋に入れてもらえないので、私が部屋に入るために戸を開ける隙をみて走りこむ。
そしてまっすぐベッドの下を目指してもぐりこむ。その恰好がおかしい。太ったので後ろ足で踏ん張らないと
ベッドの隙間にもぐりこめないのです。
でも一昨日は戸が開いていたので私の布団の上に飛び乗った。そうやって私の迷惑になることだけを
するのです。

写真の整理、H元年に手を付けました。写真の整理でもしないとほとんど見ることもない昔の写真、半分以上
捨てています。

DSCN0394.jpgH元年8月、涸沢へ向かっての写真。これから北穂高、奥穂高、前穂高を通って上高地に下山の予定。
44歳とありました。まるで別人、この人だ~れ、です。
昨年、北穂高の予定でしたが自信がなくて諦めました。今年もう一度元気を出して挑戦の予定。
とてもこんな元気な格好では歩けませんがそれでも気持ちだけはと今から気合入れています。

DSCN0393.jpg涸沢に一泊、テント村を見下ろす。8月でこの雪、涼しいだろうなぁ。というより夜は寒い。

DSCN0396.jpg写真整理ついでにもう一枚、登山道で砂浴びするライチョウを眺める。苦しい登りはこんなことや花で癒されます。

DSCN0397.jpgもう一枚、今年は奥穂高には行きませんが、まだ来年も元気があったら奥穂高もいいかな、なんて思ったり・・・
奥穂高への登り、足を思いっきり開いて・・・これだけで元気さがわかります。
今から25,6年前だもんなぁ・・・どう頑張っても若さは逆戻りできません。時間かけてゆっくり歩けばいい。

午後から雨も止んだ。涼しいのでこんな日は怖いものなし、元気が出ます。
草刈をちょっとだけやりました~。

コメントする