メイはえらい

| コメント(0)

雨上がり、曇っているし肌寒いし草も濡れていて外の仕事もできません。
それでも夕方近くになってちょっと外に出ました。
ハサミを持って裏のちょっと伸びた木の枝を切り始めました。

ニャーニャーと鳴き声、メイが鳴きながら走ってくる。
賢いなぁ、私がここにいるのがわかるのです。鳴きながらヒョコヒョコ走ってくるメイの口元を
みると何かくわえています。
猫は何かをくわえていても声を出せるのですね。
捕まえた獲物を私見せにくる。玄関先にトカゲがひっくり返っているときもあります。
長いのだけはお願いだからくわえてこないで、といつも思う。
私のところへ来て口から放すとモグラだった。けっこう大きい。シッポがない・・・
まだ生きていてモグラは逃げる。モグラは猫にとっては動くもの、であってあんまり執着心がないようです。
やはりネズミとは違うらしい。
逃げ上手、穴掘り名人のモグラ、落ち葉の下にすぐもぐる。
姿が見えなくなればそれでもうメイは何事もなかったように座っています。
私が足で落ち葉をかき分けるとかすかに地面の土がモクモク・・・それを掘り出してやるとメイはちょっと
手でちょっかい出すけどまたすぐ逃げられる。
捕まえてはみたけれどもうこのオモチャには用はない、そんな感じです。
だから土の中に逃がしてやりました。

時々、小さいネズミも捕まえてくる。この草だらけの広いところでどうやって見つけるのか、滅多に地上に出ない
モグラをどうやって見つけるのか、小さいのをくわえてくるたびに猫はすごいなぁと思う。

コメントする