連休前にリハビリへ

| コメント(4)

今日はリハビリへ。
月が替わったので受付で保険証提出。

ない、ない、ない・・・受付のカウンターで受付さんの目の前でカバンを広げて探す。

あった!」 良かったとほっとしたら
「これ、期限の切れた古いのです」とにこりともせず返された。

ここだけの話、先生も不愛想で怖いけれど受付嬢もニコリともしません。
探す私の手元を見て、「その水色の受給者証でいいですから家でよく探してください」という。

リハビリ室で首を引っ張られながらいろいろ考える。
家で探すと言ってもなぁ、どこを探せばいいんだろ。どこにもないよなぁ・・・
鞄の中になくて家にもないとすると・・・最後に使ったのはいつ?と考える。

そうだ、この前いつもの医院で薬をもらうとき診察券と保険証を出した。
その時に保険証を受け取らなかったのかも、と自分のことは棚にあげてほかのせいにする。
後で電話して聞いてみよう、たぶんあるはず、とほっとする。

しばらくして気がついた。
もしかして出かけるときに免許証と保険証を持って出かけてそのまま??
慌てて免許証を開いたら保険証が入っていた・・・よかった~、まだボケていないわ。
最近の保険証は小さいから困る。昔のように三つ折りの大きいのだと探すのもらくなのに・・・

コメント(4)

フフフのふ 私も同じような経験大ありです。
歳とるとどうしても脳は衰えるんだそうですね。
だから、山や高原に出かけ、目で見る感激で脳を刺激しながら、歩かれているエミさんは、
大丈夫ですよ。
そんなエミさんが、たまには忘れると聞き、安心します。安心してどうする)^o^(

私、ブログにアップしようと写真は撮るんだけど、アップするのが面倒になりました。
でもね。コーラス三昧だけは、今も通しています。

かなさん、たまに忘れるのならいいですけど・・・
生きていくのも大変だなぁ、と思うことが多くてね、本当に大変です。
でも好きなことがあるというのはいいことです。
大きな口あいてお腹の底から声出して、ものすごい健康にいいことです。
お互いに100歳目指して頑張りましょう。

保険証が小さすぎて困る、全く同感です。
一回り以上若い男子たる私がえみさまと同じことをやっちゃうことがあり、
考えるに、保険証や免許証や、大事な物なのに小さくて薄くて、だから、どこに入れたからわからなくなるんだという結論に達しました(^_^;)
今回、えみさまの文章を拝読、間違っていなかったと確信。
世の中、何でも小さく薄くすることが進歩だと勘違いしている気が。
ATMだって、ボタンを手で押し込めるほうが確実で気持ちよく、押せたかどうか手応え無く冬場は反応すらしてくれないタッチパネルなんて糞食らえ(^_^;)です。

タッチパネルの怖いこと、友人と券売機であーだのこーだのと切符を買うのに大変。
何気なく触ったら往復券が出てきました。もう引っ込めるわけにもいかず
窓口の行列に並んで交換できたのでまずは良かったですが・・・
一回り以上若い!!か・・・いいなぁ~。私もそんな若い頃がありました~、と
言っても引き返せるわけでもなし。

コメントする