今年最初の悲鳴

| コメント(2)

朝、友人がタケノコ堀りにきました。探してもたくさん見つかりません。
近所の人が来て言うには今年はタケノコが不作だそうで売っているのも高いとか。
日当たりのいい隣の空き地に足を入れる。まだ草も伸びていないし枯草があるだけで
見通しはいい。
それでもキョロキョロと用心しながらタケノコを探しているのか長いヤツの用心なのかわからないような
歩き方。
6,7mくらい歩いたけれど前方にもタケノコは見当たりません。

 引き返して数歩あるいたらそこに長いヤツが長々と一直線に伸びているではないか!!
ギャー」と走って逃げた。その素早さ、とても高齢者ではない。
やだねぇ、朝の日が出て暖かくなる時が一番危ない。体温上げるために日向ぼっこするのです。
どうせだったら私が帰ってからにしてくれればいいのに・・・

家にいると忙しい。どうしてもやらなければならないほどの仕事でもなし、忙しいといっても
ただやることがきりなくあるというだけ。
何をしたのか成果は目に見えないけれどそれでも遊び歩いていては何事も進みません。

P1090672.jpg仕事しているよな遊んでいるような一人で気ままに時間をつぶす。珍しく蝶が撮れました。

コメント(2)

ついに出会われましたか、
ご無事で何よりです。
マムシ(とヤマカガシ)以外は、少し離れて、こっちからじーっと観察してやると、
たいてい恥ずかしがって?どこかに行ってしまいます。
観察するという気持ちが恐怖心を消します(はずです)

蛇はおとなしいものです。悪いこともしないし逃げていきます。
それはわかつているのですが・・・
じーっと観察できるくらいならいても平気です。
気持ち悪い!!嫌だ!!ゾッーとする、とにかく見たくない!!それだけなんですね。

コメントする