山遊び

| コメント(6)

那須の山がスッキリと見えたら那須の山に行こう、雲がかかっていたら里山にしよう、と
両方の用意。里山と那須の山では身支度から違ってくる。
集合場所で山を眺める。だんだん晴れてきてはいるけどねぇ、どうする?
黒い雲がかかり裾野しか見えなかったのに山頂も見えだした。でも雲もある。
「やめよう」の言葉に同行者はニコニコッ!
那須の山は3月頃になって雪がしまってからでもいい、寒い冬はやっぱり里山。

DSCN3559 (2).jpg今日の山はここ、なかなか来られない山でした。初登りです。
車で片道2時間かかります。往復4時間、歩く時間は2時間・・・今日はこれ一つで帰るのは
もったいないです。でも同行者2人は「それは下山してから考えようよ」という。
駐車場についてびっくり、車がたくさんありました。

DSCN3563.jpg富士山が見えましたが写真には写っていません・・・

DSCN3566.jpg里山は登りがきついです。だけど時間が短いから好きです。
たった300mの山ですが眺めのいいこと、これも里山の特徴です。
日光連山、富士山、遠くに八ヶ岳、浅間山、筑波山と360度の展望です。

DSCN3567.jpgものすごく高いところへ登った気分になるのが里山、眺めは抜群。

DSCN3569.jpg下って又登ってたどり着いた二つ目の山頂。歩き出してからちょうど1時間です。

下界では火事がありサイレンがにぎやか。
タイヤでも燃えているのかしらと思える真っ黒い煙がモクモク・・・赤い炎まで見えました。
下山してもしばらく黒い煙が空になびいていました。
山は反対側から登る人、追い越す人に追い越される人、にぎやかでした。
みんな高齢者・・・

日光の山々も青い空にくっきり、高原山も綺麗に見えました。
那須に来たらやっぱり那須の山は雲の中、そして風が強い。良かった~、里山で。
これで那須の山がスッキリ綺麗に見えたら悔しいではないか・・・

コメント(6)

小高い山と思ったら ちゃんとした山でしたね

関東地方は こういう山があるから 

羨ましいですね

冬はこんなので楽しいですね。
それにしてもなんと高齢者は元気なことか。

こんばんは
写真でも浅間山が確認できます。良い天気で羨ましいです。
三連休の初日に寒い中、庭仕事で無理して腰を痛めてしまいました。
今は気を付けながら動いてます。

たーぼさん、腰は要、痛めると動けなくなります。
治りかけは特に注意、ぶり返したりします。年取ると特に無理したわけでも
ないのに腰がいたくなります。困ったものです。

岡山は夜中からずっと雨で室内に籠っております。
三百メートル台とは思えない眺望に惹かれて、どのあたりなんだろうと調べてみました。
道標に妙義山とあるのは、あの険しい妙義山のことでしょうか。と思ったのですが足利市のほうにもあるのですね。阿夫利神社というのも相模大山のとは別にあるとは。地名は難しいです。
私の地元美咲町には二上山フタカミサンと言う689mの山があって、晴れた日には遠く瀬戸内海が見えます。二上山も奈良に有名なのがあってネットで調べた方は混乱されます。
この記事と写真を拝見して、四十年振りに登ってみようという気になっております。そのときはブログで報告します。

ojiojiさん、山の名前はおなじのがたくさんありますね。
駒ヶ岳がつくのもいっぱい、どういう意味かわかりませんが石尊山というのも
よく見かけます。
阿夫利神社もあちこちで見かけます。
瀬戸内海が見える、と聞くととても穏かな風景を想像します。
689mは高いですね、楽しみにしています。ぜひぜひ!!

コメントする

MTBlog50c2BetaInner

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31