2015年1月13日アーカイブ

山遊び

| コメント(6)

那須の山がスッキリと見えたら那須の山に行こう、雲がかかっていたら里山にしよう、と
両方の用意。里山と那須の山では身支度から違ってくる。
集合場所で山を眺める。だんだん晴れてきてはいるけどねぇ、どうする?
黒い雲がかかり裾野しか見えなかったのに山頂も見えだした。でも雲もある。
「やめよう」の言葉に同行者はニコニコッ!
那須の山は3月頃になって雪がしまってからでもいい、寒い冬はやっぱり里山。

DSCN3559 (2).jpg今日の山はここ、なかなか来られない山でした。初登りです。
車で片道2時間かかります。往復4時間、歩く時間は2時間・・・今日はこれ一つで帰るのは
もったいないです。でも同行者2人は「それは下山してから考えようよ」という。
駐車場についてびっくり、車がたくさんありました。

DSCN3563.jpg富士山が見えましたが写真には写っていません・・・

DSCN3566.jpg里山は登りがきついです。だけど時間が短いから好きです。
たった300mの山ですが眺めのいいこと、これも里山の特徴です。
日光連山、富士山、遠くに八ヶ岳、浅間山、筑波山と360度の展望です。

DSCN3567.jpgものすごく高いところへ登った気分になるのが里山、眺めは抜群。

DSCN3569.jpg下って又登ってたどり着いた二つ目の山頂。歩き出してからちょうど1時間です。

下界では火事がありサイレンがにぎやか。
タイヤでも燃えているのかしらと思える真っ黒い煙がモクモク・・・赤い炎まで見えました。
下山してもしばらく黒い煙が空になびいていました。
山は反対側から登る人、追い越す人に追い越される人、にぎやかでした。
みんな高齢者・・・

日光の山々も青い空にくっきり、高原山も綺麗に見えました。
那須に来たらやっぱり那須の山は雲の中、そして風が強い。良かった~、里山で。
これで那須の山がスッキリ綺麗に見えたら悔しいではないか・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31