師走

| コメント(4)

昔は師走と言って忙しかったような気がします。
働いていないからなのか、何にもやる気がなくなったからなのか、どこが師走? といった
静かな田舎でだらけています。
今年もあと2日、ほんとに今年も終わりだなぁとカレンダー眺めながら思っています。
朝から天気も悪く掃除の気分も出ません。一日ゴロゴロ・・・

家ばかり気にしていないで中身もなんとかしなくちゃなぁ、と明るいうちにお風呂に入り
髪を洗う。そして白髪染め。
年取ると本当に余計なことが増えます。
ヘナで染めているので白髪がオレンジ色になります。今までは黒い髪の間にオレンジ色の筋が
入り人からは洒落ているように見えたらしい。
でも最近は頭が全部オレンジ色に・・・

美容院で頭の上にポンと載せるカツラを買ったのに髪がオレンシジ色になったので1回くらいしか
使用しないのに色が合わなくなった・・・こんなことしか言うことないのは幸せなのかも知れませんね。
何事もなく無事1年が過ぎようとしています。

コメント(4)

すてきな年の暮れの過ごされ方ですね。
本当は地道に働いて生きてこられたからこその今でいらっしゃるわけで。
「こんなことしか言うことないのは幸せなのかも知れません」と言えるようになりたいです。
ぼくは隠退して初めての師走、身も心も追われるものの無い日が夢のようです。
去年までは今の時期、冬期講習の最中で、元旦も十四年間、夜明け前の大原野神社に生徒たちを連れて初詣に行ってました。
遠い昔のようです。
それが今や洗濯機を回したのに干し忘れて一晩経って干す始末です。

ojiojiさん、初めてののんびりした師走ですか。
身も心も解放されると解放されすぎて抜け殻のようになります。
40歳のころ私は「燃え尽き症候群」だ、自分でいいわけするほど
ボケました・・・
追われるのから解放された心地よさ、体が軽くなりました。
私も一人の洗濯物は少なく、二日がかりで洗って三日目に干すような
生活です。土をいじくり猫と遊び最高です。
ojiojiさんはもっとやることがあるから毎日が生き生きですね。私も50歳で
田舎暮らし、あのころは本当に元気でした~。

中学生までは 師走は 忙しかったですよ

餅つき・味噌造り・塩辛造り・蕎麦打ちなど

今は 二人だけだから 正月料理も 姪っ子からの

いただきものです

カミさんの両親の ヘルパーさんが休みなので

カミさん 食事作りで 正月どころではないですね

私は ラッキーと静かな正月を迎えれそうです

沢山のコメントをいただきありがとうございました

新年は 念願の一眼レフを手に ますます撮り歩きますからね

ラッキーさん、中学生までは忙しかった、というのびっくり。
今はお店もあいているしふだんからおいしいもの食べています。
お正月くらいのんびりと過ごしましょう。

コメントする