分からないということは

| コメント(2)

分からない、知らないということは大変。
分かってみれば、「なーんだ、アホらし、損した」で一瞬で解決。

症状その①
床暖のコントローラーパネルの点検中のところが点滅。
いつまでたっても点滅がおわりません。あちこち押しても点滅は消えません。
日付、時刻合わせなどセットしてO.K押したらようやく点滅が消えました。

症状その②
廊下の電気のスイッチを押したらまた点滅が始まった。
仕方ないからまたセットする・・・

症状その③
廊下、階段、奥の部屋、二階の一部屋の電気がつかなくなった。

この症状が2,3日の間に進行、三連休の土曜日に電気がつかなくなりました。
夜寝るときに廊下と階段が真っ暗なので懐中電灯つけて二階の部屋に行くだけで、
あとは何の不便もありません。
連休明けの今日さっそく床暖の会社に電話、私の説明でどこか漏電か何か
配線が悪いのではないか、という。
電気工事か・・・いつも世話になっている工務店の人に頼んで電気工事の人に来てもらいました。
床暖の会社とパネルを設置した会社と工務店と電気工事店とみんな取次なので要領が
思うようにいかずあれやこれや電話したりもらったり・・・

早い話が我が家に電気が2本の線で来ている1本がヒューズが切れていて、
電気がきていなかったのです。
東電の人が来て、「外の線のヒューズを取り替えましたからもう大丈夫です。確認してください」
「電気に異常があったらまず東電に電話ください」だって。
言われてみればそうだけど我が家に電気が来ていないなんて考えもしませんでした。
全部停電ならばなんで我が家だけ?となるのですが・・・
居間とかトイレ、台所等々不自由するところがつかなければ大騒ぎしたのでしょうが
後から工事した床暖とその近くの廊下の電気だったのでその辺の配線がどうかしたのかと
思ったのです。みんなもそう思ったから電気工事の人も来てくれたのです。
やっぱり専門の人はすごい。
電気工事の人は配電盤のところをちょっと検査、これは配線ではなく東電です、という。
3日間も懐中電灯で二階に行ったり夜中にトイレに懐中電灯もって階段降りたりしていたのが
ばかみたいです・・・




コメント(2)

原因がわかって 治りましたね

そうなんですよ 

家に電気を引っ張ってきてる電柱に 二つのヒューズがあります

時々 そのヒューズが 切れることがありますよ

我が家も もう2回 切れて 交換しました

家の中を配線した電気屋さんが 使用ワット数を適切に計算して

配線しないと オーバーになる系統が切れやすいそうです

知らなかったよ、電線2本で電気を引っ張っているなんて。
運よく不自由しないほうが切れていたとは・・・

コメントする