2014年10月31日アーカイブ

温泉付き山小屋泊

| コメント(0)

いつもは楽に日帰りできる山に一泊の山旅。
はるばる遠くからやって来たやまねこさん、この山小屋に泊まることなどないだろうし私も
日帰りコースの山となったので久々というか?十年ぶりに温泉付きの山小屋に泊まるのを
楽しみに予定をたてました。
日帰りでも一泊でも天気具合を考えてだいたい二通りくらいの予定は考えておきます。
今回も風が強いし寒い。下界でこれだからいつも風のある山の上は無理なので一日目と二日目を
逆にしました。

DSCN3214.jpg登山口に着きました。風が強い!!寒い!!
娘が昔編んでくれた毛糸の帽子をやまねこさんがかぶる。
山の上では食事はできません。要らないものはみんな車の中に置いてザックは軽い。
この強風の中を歩こうというのだから呆れてしまいます。ここまでくると物好きというより・・・

DSCN3216.jpg明日登る山が白く見えた。晴れて青空なら綺麗でしょうが黒い雲と風では寒々しいだけです。

DSCN3217.jpgこちらの山も白くはないけれど草の上は雪、そして登山道はぐちゃぐちゃで靴が重くなる。
何が楽しくてこんな日まで山へ行くのかしらね。

DSCN3220.jpgヨロヨロフラフラ、帽子も吹き飛びそうな風に耐えてやっと棒にしがみつくやまねこさん。
景色を眺める余裕などなくすぐ下山、明日のための準備運動と思うことにします。

DSCN3222.jpg下山後、日当たりのいい風の来ない暖かいところでのんびりお昼ご飯。
そして小屋を目指して出発、2時間くらいで小屋に着く予定。ようやく今夜のお宿が見えました。

DSCN3225.jpg3時過ぎに小屋着、小屋の名前の由来の鐘?
3時半、真っ白な温泉に浸かる。あ~ぁ、じょんのびだぁ~、幸せ~の気分。

夕食は5時半です、朝食も5時半です、にびっくり。
えぇっ~?!の声に「それでは朝食は6時にします」

温泉に入ったのに寒いこと寒いこと。ご飯のあとでストーブから離れられなかった。
余っている毛布を借りて寝た・・・







応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31