夏山第2弾・蝶ケ岳

| コメント(4)

夏山へ!!という気分からほど遠い涼しさ、それでも気分だけは夏山。
元気・元気と中高年は出かける。
一日目は上高地を梓川に沿って殆ど平らな道を3時間歩きました。
最後1時間くらいのところで雨になりカッパをきて歩く。
ほんとにご苦労な話です。本人がそう思うのだから山歩きしない人からみれば
考えられないことでしょう。

DSCN2942.jpg
二日目、今日は山は無理かと思ったの晴天、これにはびっくり。
一人静かに外の景色を眺めながらコーヒーを飲む。
山の朝は早い。のんびりコーヒー飲んでいる人などいません。
私の今日のコースは時間的にはラクチン、あわてることはありません。
3時間半の林の中の急登を頑張ればいいのです。

DSCN2952 (2).jpg
2時間以上登ったでしょうか、林の切れ目から槍ヶ岳が見えました。
思わず、ヤッホッー!!と叫びたい気分。顔がほころんできました。
ヤッタネ、稜線に出れば眺めは最高、と気持ちがあせりぎみ。

DSCN2959.jpg
稜線に出ました~。予定通りちょうど3時間半です。
歩き出しから「さぁ、今日は急登だ、頑張るぞ。」と気合を入れ苦しいのを覚悟して
歩き出しました。
なにこれ、普通の山道じゃないの、山だものこれくらい当たり前だよね、とオバサン二人は
超元気というか鼻息があらい。
というわけでなんてことなく稜線に出ました。

DSCN2961.jpg
槍だよ~!!槍ヶ岳の肩に山荘まで見えました。

DSCN2962.jpg
槍ヶ岳から北穂高への稜線と北穂高岳、山のてっぺんに山小屋が見えます。

DSCN2965.jpg奥穂高、前穂高の山頂には雲がかかってしまいました・・・

DSCN2980.jpg槍ヶ岳はやっぱり偉い。雲も遠慮する。

DSCN2979.jpg静かな、静かな別世界の北アルプスの山でした。山小屋の混雑からは考えられないような
静かな山、それだけで満足です。

コメント(4)

アルプスの稜線歩き

一度歩いた人には 病みつきになるね

私は いつになったら 行けるかな?

えみさんが うらやましいぃ~~~

ラッキーさんはお元気!
年齢的に今私はあせっているのです。
足腰の立つうちに・・・気力のあるうちに・・・
来年がわからないので・・・

蝶ヶ岳、槍・穂高連峰の展望台とは聞いてましたが、その通りの眺めでしたね
ヒュッテは女主人で有名でしたよね?

ohtomoさん、聞いてください。
蝶ケ岳ヒュッテに泊まるつもりで登ったのにその足で
下山しました~。すごいでしょ。
仙人池ヒュッテのお母さんは有名ですが蝶は知りませんでした。

コメントする