2014年7月28日アーカイブ

唐松岳へ

| コメント(2)

あまり無理せず山を楽しみたい、と北アルプスの中で簡単な山へ向かいました。
綺麗な写真はすべて同行者EMさんからお借りしています。

DSC_5150.jpgゴンドラとリフト2本乗り継いでいよいよ歩き出します。
1時間くらいで八方池があるのでそこまでは観光客やちょっとハイキングとにぎやかです。

DSC_5175.jpg八方尾根を登るので展望もいいし花もたくさん。展望は晴れていればの話ですが・・・

DSC_5183.jpgあちこちのパンフレットに八方池の写真があって誘いかけます。
そんなに大きい池ではないから期待しないほうがいいわよ、と余計なひと言。
見下ろした池を見て「あっ、本当だ」と同行者。
でも写真に撮ると白馬三山は映らなかったけれど広々といい景色に写りました。
腕のいい人が写すとやはりパンフレットのようになるのでした。

DSCN2823.jpgもう少し気長に池で待っていればガスも晴れて池に写る白馬三山の写真が撮れたと
思うけれど・・・

DSC_5218.jpgちょっと早いけれど展望もいいし風もないので丸山でお昼、雲が綺麗でした。


DSC_5225.jpgすぐ目の前にドンと五竜岳が、その後ろに鹿島槍ヶ岳が見えたり隠れたり・・・
数秒で見えて数秒で隠れる。カメラのスイッチ入れるヒマもなし。

DSC_5241.jpg目的の唐松岳が見えました。展望はいい!!(左から2番目の一つの尖った山)

DSCN2836.jpgもう小屋は近いよ、あとちょっと回り込めばいいと思う、と同行者と自分を励ます。
前を行く同行者、高いところはちょっと苦手らしい。

DSC_5251.jpgよっこらしょ、やっこらしょ、大変じゃ・・・
ばーさん、手をひいてあげようか、なんて誰も言いません。

DSCN2839.jpg着いたよ~、山小屋だよ。ガス発生・・・でもこういう風景が好きだから満足。
山もあんなにはっきり見えていたのに見えたり隠れたり・・・12時半には小屋に着きました。
もう何にもすることありません。ゆっくり休んでから腰を上げました。

DSCN2841.jpg山はこんなもんです・・・あの苦労はなんだったの?なんて言いません。




応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31