2014年5月21日アーカイブ

眼科へ

| コメント(4)

いつも涙でウルウル、うるんだ涙目、濡れた瞳、と言い方を変えればなんとなく
女っぽく想像できますが、しまりがなく涙が流れる、となるとこれはもう色っぽくも
なんともなくただのオハ゛ーサン。
ずーとまえテレビでこんな目の症状の病気を見た。
本来なら目の中に流れて目を潤す涙が目に入らず外に流れ出る、そんなことだったような
気がします。
痛くも苦しくもないのでそのまま、いつ眼科へ行こうかとのびのびになっていました。
眼科も相当混んでいるとの話なので億劫ですが今日は雨、腰を上げることにしました。

「雨だからヒマでしょ、遊びにこない?」と友人から電話。
今日は眼科へ行くことにしたからというと、私も行きたかったのよ、一緒に行こ、という。
病院へ一緒に行こうというのも変な話ですが行くことにしました。
混んでいるけれど一人でぼんやり待っているよりは二人の方が退屈しませんでした。

受付で問診票を書いた。
それなのにあれやこれやと検査や視力検査。
診察では老眼鏡が合っていませんね、とか目薬を出しますからとか私が問診票で書いた症状
にはふれない。
老眼鏡が合わないのはわかっています。めったに使うことのない非常用の携帯老眼鏡ですから。
涙はちゃんと出ていますが質が悪い涙もあって乾燥して目に傷がつくことがあるとかで、
そのための目薬のようです。
せっかく来て時間かけての診察やら検査、それなのに私の知りたい流れる涙の説明はありません。
仕方ないから「目から流れ出るこの涙はどうなんでしょう・・・」と聞いた。

「では涙が詰まっているかどうか調べましょう」とやっと今日眼科に来た目的に
たどりつきました。
検査室の椅子に座らされ「涙腺に針金を入れて検査します。麻酔をかけますが緊張すると
涙腺が閉まってしまうので力を抜いてください」と看護婦さんの説明。

えっ、涙腺に針金?!! 緊張するなってそれは無理でしょう、怖いよ。
リラックス、リラックス・・・と言い聞かせる。
結果は涙腺は詰まっていないということでした。そして1日に6回つけてくださいという目薬が
処方されました。
明日から忘れないで目薬・・・



応援が励みになります。面白かったら→をぽちっとお願いします。人気ブログランキングへ

MTBlog50c2BetaInner

最近のブログ記事

最近のコメント

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31